<   2018年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ペンタスの寄せ植え

 018年5月31日((木)

ファミリーサポートセンターの「ちっちゃなガーデニング」に参加。
講師のFlower Garden Hanakoの柴田政代さんの自己紹介から始まった。

きょうの作品は
多肉の寄せ植えと、ペンタスの寄せ植え。
教えてもらいながら
ブリキの素敵な植木鉢に置石と土をいれ、お花と飾りもつけて完成。
もう一つは多肉植物。
b0108282_20144342.jpg

いいのが出来て嬉しい。

柴田さんは20数年前、子育てしながら、何か出来ないか?
花が好きなので、自宅ガレージで、素人だけれど、お花屋さんを開業。
順調な時ばかりじゃなく、いままでお店を4回つぶしたと言う話もされた。

今は孫の面倒を見ながらお仕事もされている。
父母、義父母のお世話もされているようだけれど、生き生きされ、輝いて生活されているのが伝わってくるお話だった。

お花はいいな。
楽しかった。
感謝 感謝。おおきに。




   -------------------------------------------------------------------------
[PR]
by kumi-asama | 2018-05-31 20:16 | 畑・花 | Comments(0)

雨の中 畑へ 

 2018年5月30日(水)

5時過ぎに目がさめ、畑に行く準備をして玄関を開けると、小雨模様。
あ〜どうしよう、、、。辞めよかと思ったけれど、サツマイモの苗を20本植え その中で5本枯れてしまった。それでまた昨日5本あったので、植えないといけない。
やっぱり行こう!!
カッパを着て行くことにした。
さつまいもを植えたり、ハヤトウリ、トマト ズツキーニなどの世話をして帰った。
ちょっとでも畑仕事が出来て スッキリ!!





  --------------------------------------------------------------------------
[PR]
by kumi-asama | 2018-05-31 20:10 | 畑・花 | Comments(0)

西国街道ウオーク3回目(豊川駅~瀬川宿~軍行橋)

 5月28日(月)

前回豊川まで、歩いたので、今日はその続き。
雨の天気予報だつたので、心配したが、
夕方まで、天気が持ちそうとわかり、阪急電車に乗って元気に出発。
大阪モノレールの豊川駅をスタート。


午前中豊川駅からの街道筋の邸宅は立派な豪邸がならんでいた。
表札を見ると、笹川さんばかり。なん軒も並んでいた。
これじゃ郵便屋さんこまらはるやろね。
あるおうちの門に見ざる聞かざる言わざるの3匹が・・。
b0108282_2013233.jpg

夫は地図を手に持ち しじゅう地図を見ながら歩いていたが、
3差路があったり、道が二つに分かれているとこなど、地図では判断できないとこが時々あった。
b0108282_206431.jpg

春日神社御旅所
b0108282_2019414.jpg

坂を登りきったところに楠水竜王宮があった。

b0108282_20201952.jpg

牧落の高札場跡の標識が立っていた。
b0108282_20323744.jpg


萱野三平宮廷(忠臣蔵)に入ろうと思ったら月曜日は休館で残念だった。
b0108282_20454592.jpg


牧落の旧札場と道標
b0108282_20492849.jpg


11時40分
阪急箕面線の踏切を渡って桜井駅近くのお店で昼ごはんにする。
b0108282_20531124.jpg


b0108282_20532088.jpg


b0108282_20534732.jpg

瀬川宿に入る
瀬川宿本陣跡
b0108282_21513764.jpg



住吉神社
b0108282_21495829.jpg

高速を潜った後 判りにくく 少し迷った。
桂春団治の碑があった
b0108282_212514.jpg



伊丹に近づくと頭の上を飛行機が大きな音を立てて飛び、すぐに小さくなって空に消えていった。
b0108282_2152912.jpg

話し声が聞こえないほどゴォーと大きな騒音。
猪名川の長い長い橋「軍行橋」を渡り、JR北伊丹に着。
b0108282_2163431.jpg


午前は2時間半 9時10分〜11時40分まで 歩き
午後は2時間 12時半〜14時半まで歩いた。このくらいの歩く時間がちょうどよい。
天気も曇りで歩きやすく、疲れもほどほどだった。

万歩計 27300歩
歩いた距離 13Km


    --------------------------------------------------------------------
[PR]
by kumi-asama | 2018-05-31 20:07 | Comments(2)

メン千カツを3人でクッキング

2018年5月27日(日)

前の日レシピを作って準備し終わってから寝ようと思ったのに、もう眠くて起きていられなくなり バタンキュー!
朝5時前に目がさめた。
すぐに畑に行って、植えたサツマイモに水やり、空豆を収穫し 他、草引きしたり、ふだん草をひいたり、大きく育った玉ねぎを収穫し 大急ぎで帰り朝ごはんの支度と、レシピの印刷をし、今日のクッキングの材料などの支度を整え、10時に二人が来るまでに用意が出来た。


今日のメニューは野菜入りメン千カツがメイン。
ひき肉の中にボイルした人参と玉ねぎ、グリンピースを混ぜ、両手の平で、こねこねし 形を作って 油で揚げた。
メンチカツ じゃがいもの 人参 サラダ菜 人参
b0108282_19132522.jpg

サラダ (キューリ レタス トマト 人参) 
ソラマメ
うまい菜と高野豆腐の煮物
スープ
水羊羹
b0108282_1914693.jpg
 
b0108282_19115713.jpg


お料理が終わった後、フィットネスクラブへ。
体重計祈ったら お腹いっぱいで、体重が増えていた。
15時~の体幹エクササイズにはいった。
レッスンでマットに仰向けになって、やっている最中、ちょっとうとうとしたみたいで、私のすぐ後ろにいたMさんから、「寝てたね。」と言われてしまった。
どうもみんながマットから起き上がって、次の動作をするのに、私が遅れてしまい、ばれてしまった。(*^。^*)
朝早くから畑に行って お料理の準備をし、疲れていたから睡魔に襲われ ほんの一瞬・・・。
コーチも気がついていたかな。
すみません。
[PR]
by kumi-asama | 2018-05-31 19:30 | 料理 | Comments(4)

ピノス落語で大笑い

 2018年5月26日(土)
この日は他に行きたいところがあったが、大好きな落語が最優先となって、「ピノス寄席」の方へ行く事にした。

ピノスで桂米紫 笑福亭飛梅の二人の落語。
b0108282_17252162.jpg


桂米紫さんの落語は向日市のレストラン キッチンタローの「タロー寄席」に何度も行って桂米紫さんの前の名前「桂とんぼ」の時代からよく聞いていた。
笑福亭飛梅さんは初めてだった。
b0108282_17253784.jpg


笑いはNKキラー細胞が働き、免疫力が増え がん細胞の増殖を抑える作用があると 飛梅さんから聞いた。
今日は二人の落語を聞いて、笑いっぱなし・・・。いっぱいキラー細胞が増えて元気元気!!になった。
落語を聞くのに 
あーあくびをしない
いー居眠りをしない 
うーうるさくしない・・・など落語の「あいうえお」を話されみんな大笑い。
えー笑顔で聞く
おー大きな声でしゃべらない。(こう言わはったんかちょっと??)
 
それで 

 ピノスの 「あいうえお」を考えた。

ー明るく雰囲気の良いピノスの空気
ーイベントの「ピノス寄せ最高」に良かった!
ー嬉しい水のきれいなピノスのプール
ー笑顔でお出迎えのピノスのフロント
ーおかげで元気元気! 健康100歳目ざします


店長さんがこの先も落語会をしたいと言われていたので楽しみにしておきます。
店長さん よろしく!!




   ------------------------------------------------------------------
[PR]
by kumi-asama | 2018-05-31 17:58 | 映画・演劇・落語 | Comments(0)

友人と祖谷温泉 高知の黒潮本陣へ

2018年5年月20日
 1日目ー向日町〜新大阪〜岡山〜大歩危

毎年、友達4人の旅を続けている。今年は四国へ行く事になった。
b0108282_615957.jpg


b0108282_6173815.jpg

大歩危駅の妖怪駅長が出迎えてくれた。
b0108282_6181336.jpg

大歩危遊覧船に乗船
船頭さんのガイドを聞きながら、マイナスイオンを浴び新緑に包まれた吉野川の秘境・大歩危峡
b0108282_6354170.jpg

日本三大秘境
b0108282_6345840.jpg


2億年の時を経て四国山地を横切る吉野川の激流によって作られた8キロにわたる渓谷。大理石の彫刻がそそり立ったかのような美しい景観だった。
青空に泳ぐこいのぼり
b0108282_6403964.jpg


「大歩危真ん中」で昼食後、タクシーで、今夜宿泊する「新祖谷温泉ホテルかずら橋」へ。
荷物を部屋に置いて ホテルの車でかずら橋へ
かずら橋入場券 550円(もう何年も前に行った時は入場料はいらなかったように思う。)
b0108282_6552593.jpg

日本三奇橋の一つ。3年ごとに村の人が「シラクチかずら」を編み、架け替えられるそうで、今年の1月~3月に架け替えが終わったばかりと聞いた。寒い冬の作業は大変だろうなぁ~。
一歩足を踏み出すとゆらゆら揺れるのでスリル満点だった。
琵琶の滝
b0108282_6563564.jpg

ホテルに戻り、先ずは山小屋風ケーブルカーで登リ(2分)山頂の露天風呂へ。
b0108282_7211627.jpg

大自然に包まれた絶景の天空露天風呂に浸かる。
夕食
囲炉裏の夕げ、山川の幸がたっぷりある郷土料理をいただく。
b0108282_7321588.jpg

豆腐を味噌だれで焼いた「でこまわし」アユの塩焼き あめご 牡丹鍋・・・。

5月21日(月)
2日目(奥祖谷集落 かかしの里 奥祖谷二重かずら橋)

温泉にはいった後 朝食
囲炉裏のある席でアユの一夜干し きのこ鍋 サラダなど体に優しい朝ごはん。
b0108282_82044.jpg

タクシーを5時間貸し切る。
9時にホテルを出発する。
落合集落
b0108282_822320.jpg

かかしの里
徳島市三好市の山里にある標高800mの集落にある。
人間そっくりで、あちこちにあり、畑の中、おじいちやんと孫、寝ているあばあさん、外人さん、
等身大のお人形はとってもリアルで、離れたとこから見ると生きてる人と間違えそうなくらい。
この村に住んでいる人は約40人 かかしは100体以上あるようだ。
b0108282_8273573.jpg

外国の人が観光に来て 3日ほどかけて作ったという人形
b0108282_832495.jpg

畑の中、玄関口 村のあらゆるところにお人形があった。
b0108282_8374796.jpg

奥祖谷二重かずら橋(男橋 女橋)
男橋の長さ44m 幅2m 
b0108282_8443992.jpg

猿園
ロープをたぐって引き寄せる「重〜いよー なかなか力がいる。」
b0108282_8503151.jpg


お昼ご飯は祖谷そばのお店で、ざる蕎麦を食べた。

祖谷渓谷 (ひの字に見える事から ひの渓谷)
b0108282_854764.jpg


小便小僧
b0108282_8553213.jpg

観光ガイドをしながら5時間回ってもらった大歩危タクシーの運転手・国本秀樹さんにお礼を言って大歩危駅でお別れ。
語り部のボランティアもされている方で、お話が上手で、歴史も詳しく なんでもよくご存じで、私たに合わせてゆっくりとまわってもらいとっても良かった。
カーブの多い山道もありましたが安心して乗ってられました。
ありがとうございました。

大歩危駅に着くと、観光列車が止まり、観光協会の人がお面をかぶったり 太鼓を鳴らしてにぎやかだった。
b0108282_14273651.jpg

JRに乗って移動 (大歩危駅→高知→土佐久礼)
土佐久礼の漁師町にある黒潮本陣へ
JRを降りるとホテルのお迎えの車が待っていた。
b0108282_904837.jpg


お部屋は広々とした和のしつらへ、窓一面にに中土佐の空と海が広がる。

海を望むオーシャンビューのお部屋で、一幅の絵のような絶景は最高のおもてなし。
お部屋からの眺め
b0108282_931773.jpg

手前の部屋は畳敷きで、海の景色が見える部屋は広く 落ち着いた雰囲気の洋間になっていて、とつてもいい感じだった。

b0108282_955518.jpg

b0108282_14513967.jpg

すぐに温泉へ入りに行く。
黒潮を沸かした汐湯の露天風呂で、湯気の向こうの大海原を眺めながら
「二日間お天気も良く、今日も楽しかったね!!」と4人でおしゃべりしながら、湯をなめてみたらちょっと塩辛かった。お湯に足を伸ばし、ふくらはぎをモミモミしながら ゆっくりつかる。

夕食のお食事は、土佐の一本釣りのまちだけあつてとれたての地魚と無添加の料理などがいっぱい並んだ。
b0108282_1521746.jpg

b0108282_1531870.jpg

b0108282_1533385.jpg

メニューの中に「カラヤン」というのがあり、「これは何に?」と尋ねると
この地で、「〜やん 」と言って、「辛い味」のものなので合わせてカラヤンとなったらしい。

寝る前に冷泉を沸かした大浴場へ。露天風呂に入ると灯台が、光っているのがよく見えた。

明日は雨のようだけど、どうぞ晴れますように、と祈って寝る。

5月22日(火)
3日目 (土佐久礼→高知→岡山→新大阪→長岡京)
昨日の夜 明日は雨と天気予報だったのに、朝5時に目が覚めると、お天気のようだ。
まだ寝ている人もいるので起こさないようにそっと起きて、窓から海を眺めていると、太陽が顔を出し始めた。わーいわーい (*^。^*) 一人喜んでいると Mさんも起きてきて、一緒に眺める。
b0108282_159563.jpg

朝食 美味しかった!! 
b0108282_15135491.jpg

朝食後ホテルの車で、土佐久礼駅へに送ってもらい、このまちとお別れ。
高知に着

タクシーに乗って、はりまや橋で、ちょっと止まってもらい、ちらっとみていく。
前に来た時に、日本の3大がっかりの一つと聴いた。今回初めての人もいるので、その「はりまや橋」によってもらった。
高知城
b0108282_15182063.jpg

ひろめ市場
たくさんの人が昼時なので、わたし達もここの中のお店で食事。
フードコートになっていて いくつもあるお店が並んでいる。気に入ったお店で 注文する。
かつお定食
b0108282_15223181.jpg

鰹のタタキは、ワラを焼き、ぼうぼう真っ赤な炎で、焼いた焼きたては最高に美味しかった。
b0108282_1521950.jpg

ウツボの唐揚げやクジラの唐揚げも熱々のを食べた。
高知駅を市電が走っていた。
b0108282_152719100.jpg

高知駅〜岡山~新大阪〜長岡京 と乗り継いで自宅に無事着。


 
   ***********************************************
今回の旅は私が幹事で、企画をする番。長岡にあるツーリストに何回か通い、行きたい観光地や私の息子のおすすめの高知の宿「黒潮本陣」や徳島のケーブルカーでいく天空の露天風呂のある温泉宿を組み込んだ計画案をつくってもらった。
スケジュールを印刷した紙をいつも便りに3日間の四国の旅を終えることが出来た。
いつも私は方向音痴で、夫と行く時は夫を頼りにして歩くので、地図も持たず 
他人任せが多い。
今回はそうもいかないので、企画スケジュールを作っていただいたツーリストと皆さんのおかげで いい思い出がいっぱい詰まった楽しい旅が出来たことに感謝感謝。

お世話になったツーリストジャパンの富田さんに暑くくお礼申し上げます。

おおきに(*^。^*)





   ----------------------------------------------------------------------------
[PR]
by kumi-asama | 2018-05-31 09:07 | 旅・散策 | Comments(0)

嬉しかった母の日

 2018年5月13日(日)

東京の息子夫婦からは大きな段ボールが母の日の3日前に届いた。
開けてみると、カーネーションの寄せ植えだった。早速箱から出し お水をたっぷりあげ 陽のあたるところに置くのが良いと書いてあったので、お庭におろした。
b0108282_5272610.jpg

息子の誕生日の13日と母の日がちょうど同じ日だった。
長男夫婦から「食べ物通信月刊誌1年分購読」
b0108282_558683.jpg

下の息子から着物の時にはく草履・誕生カードをもらった。
b0108282_5594512.jpg


b0108282_537656.jpg

夫からは何が欲しいと言われ、オカリナを買ってもらう事にした。(オカリナをガチャンと落とし、一部欠けてしまい、ボンドでくっつけて今使っている。)
キエフのお食事会の時に、プレゼントを姪のTちゃんから
「これ母の日のプレゼントです。どうぞ!」ともらい、
えぇ~とびっくり。
兄の子どもたち(Tちゃんん家族)と小さい時から我が家の子どもたちと5月の連休など一緒にキャンプに行ったり、クリスマス会をしたりしていた。
私のところは男の子ばかり3人で、娘はいない。Tちゃんは我が家の娘のような存在で、どこかへ行きたいというと、車で温泉に連れて行ってくれたり、美味しいものを食べに行ったりしてくれるやさしいTちゃん。
中山道 東海道 ずっーと一緒に歩いたし、今は西国街道ウオーク進行中。
お勤めをしているので、忙しいのに、よく付き合ってもらって本当に幸せ♡
そのTちゃんから 母の日のプレゼントを手渡された時 目頭がじーんと熱くなった。
b0108282_5394329.jpg

  防水キッチンマット
b0108282_539873.jpg

  マイクロファイバースポンジ
みなさんにいろいろもらって ほんとうに嬉しい母の日だった。(*^。^*)

感謝感謝。スパシーバ(ロシア語) おおきに。
[PR]
by kumi-asama | 2018-05-31 06:00 | その他 | Comments(0)

ロシア料理のキエフお誕生日会

2018年5月13日(日)

朝からひどい雨模様。
今日は息子の誕生会をロシア料理お店「キエフ」ですることになっているので、雨でも出かけないといけない。
阪急電車に乗り 四条で降りて祇園の方に歩いていく。12~3分かかった。
お店は鴨東ビルの6階にある。
[#IMAGE|b0108282_902859.jpg|201805/24/82/|mid|480|640# ]↑鴨東ビルの最上階
 
12時予約してあるので、急いで行くが3分ほど遅刻。
b0108282_22243947.jpg


夫と私たちが一番遅く他の人はもうスタンバイしていた。
b0108282_22142643.jpg


以前、ここには来たことが有り 歌手の加藤登紀子のお父さんが経営者だと聞いていた。
お店は鴨東ビルの6階にある。

私達のテーブルに男性が来られ息子が
「ここにいる僕の父親ですがロシア語を勉強しているんです。」と話を始めると、その男性は加藤登紀子のお兄さんだという事が判った。
「私の父親はハルピンで生まれ、ロシア語を話していたんです。だから僕は小さい時ロシア語をしゃべっていたんです。そして父は日本に帰ってからこのお店を作ったんです。・・・」といろいろ話してくださった。
「そして 父はもう亡くなり私が跡を継ぎました。」
この方はここのキエフのオーナーで、歌手加藤登紀子さんのお兄さんだった。

お料理が運ばれ、お料理がテーブルに並んだ。
私の注文したのはBランチ
 サラダ
 ボルシチ(ウクライナ風スープ)
b0108282_2214865.jpg


 ゴルブゥツイ(ロールキャベツ)
b0108282_22141931.jpg


 ピロシキ
b0108282_22141256.jpg


 ロシアンティー(ジャムをのせる)
b0108282_22221099.jpg


デザート
 ワレーニキ(ロシアのデザート)
b0108282_22234752.jpg


息子は誕生プレゼントを皆さんからたくさんもらってにっこにこ(^O^)
b0108282_9403454.jpg

b0108282_94025100.jpg

b0108282_9401562.jpg


雨の土砂降りの日だったけれど、
ロシア人のスタッフの方にロシア語でおめでとうを書いてもらう事も出来、お誕生会は楽しかった!
b0108282_22224920.jpg


b0108282_2221329.jpg


お料理はボルシチも ロールキャベツも日本人の口に合うように 味が濃くなくて美味しかったし 又行きたい。
そしてオーナーとおしゃべりも出来たし、小さい時の面白い話など みんなのおしゃべりも楽しかったね。(*^。^*)

ダスヴィダーニャ(ロシア語 さようなら)


   **********************************************
[PR]
by kumi-asama | 2018-05-23 22:37 | Comments(2)

ブラっと京歩き⑤ 浄瑠璃寺・岩船寺・石仏

 2018年5月12日(土)

天気ー雨の確率0% の好天気。参加者21人。
初参加という人もあり今回はたくさんの参加者だった。

JR京都駅(9・02)~木津駅~加茂駅(9・51)
JR加茂駅で、降りてバスに乗りかえ加茂駅(10・14)~浄瑠璃寺(10・36) バスは1時間に1本。
1day ticket (400 円)を世話人の方が準備してもらっていたので、それを使ってバスに乗る。
b0108282_10311646.jpg


浄瑠璃寺
b0108282_10441297.jpg


b0108282_10333910.jpg

お寺に入ると大きな池があり 鯉やカメが私達の声に寄ってきた。
b0108282_10353980.jpg


このお寺は(関西花の寺の第16番) 
以前ここに3月に来た時に、門前の両脇にあせびがたくさん咲いていたのを思い出した。
春の花は あせび さんしゅう 桜 夏はあやめ あじさい 百日紅 芙蓉
今は春の花が終り あじさいはもう少し後なので、咲いている花は少なかった。
 
九体阿弥陀如来像
中央にひときわ大きい阿弥陀如来中尊像。左右に4体づつ坐像が横一列に祀られていた。
今年の7月から修理のため、年に1~2体づつ持っていかれるので、しばらく九体揃って見られなくなる。
b0108282_1037362.jpg

b0108282_10385314.jpg

 この写真はお寺でもらったパンフレットより

それで 九体揃って拝めることが出来る今、いい時に来られ幸せ。
太陽は三重の塔のある東からの昇り、宝池を渡って、阿弥陀堂のある西に沈む様に配置されていた。
b0108282_1040385.jpg


食事
浄瑠璃寺の門前のお店「あ志びの店」
b0108282_10412051.jpg


いつもどんなとこで食事をするのかこれも楽しみの一つ。
山菜定食か とろろ定食のどちらかを前もって予約。
私が注文したのは山菜定食
b0108282_10421035.jpg

とろろ定食の方が美味しそうだったなぁ~。(*^。^*)

食後は京都検定の過去問のお勉強
b0108282_10431475.jpg


コミュニティーバスに乗って岩船寺へ

岩船寺(関西花の寺第15番)
聖武天皇が行基に命じて阿弥陀堂を建立したと伝えられている。
b0108282_10501362.jpg

都わすれの花がきれいに咲いていた。
あじさいはまだまだつぼみだった。

三重の塔(重要文化財)
b0108282_1126662.jpg

b0108282_11271147.jpg


五輪塔
b0108282_10571438.jpg


当尾の石仏
岩船寺を見た後、緩やかな下り道となる5石仏の道をゆっくり楽しみながら歩く。
b0108282_11365475.jpg

下りが急なとこがあり、斜面のところで、岩の上を避けてふかふかの枯葉の上に足を置いたら、ズルッと滑って、ドンと尻もちした時に、すねをガツンとあたって、アイタタ・・。
ズボンは破けなかったが、足は血が出ていて、しばらくあと後までなかなか治らなかった。

わらい仏 ねむり仏
当尾の代表的な石仏で、優しい微笑みをたたえていた。
b0108282_11403441.jpg

カラスの壷二尊
b0108282_1146213.jpg

b0108282_11475026.jpg

藪の中の3尊磨崖仏
b0108282_11501086.jpg


最後にコーヒータイム
喫茶店へ

今日は京都府の東南部、奈良県と県境にあり、静かな地、木津川市加茂町を巡った。
先ず浄瑠璃寺に行ってバスに乗り岩船寺へ行ってから 当尾の石仏めぐりコースを歩いた。岩船寺から歩くとちょうど、下り坂になるので、世話人の方々が配慮してこのコースにされたと聞いた。

世話人の方々の細かな心遣いに感謝します。おおきに(*^。^*)


   ***************************************************













 
[PR]
by kumi-asama | 2018-05-23 11:56 | 旅・散策 | Comments(2)

男の料理 茶わん蒸し

 5月11日(金)
男の料理教室のボランティアのため 中央公民館へ
きょうのメニュー
・たらの野菜あんかけ
・茶わん蒸し
・おにぎり 3種 さけ・高菜・おかか
・よもぎだんご
きょうの参加者は11人だった。
よもぎはSさんがきれいなのを積んでボルし冷凍して持って来て下さった。
お手間入りご苦労様です。
それをすり鉢で、細かくし 粉と混ぜ 沸騰したお湯に入れて 浮き上がったらお団子完成。
あんこをのせて美味しいのが出来上がった。
b0108282_15502174.jpg

一人3個出来たので、御うちにいる奥さんに持って帰る方もあった。(*^。^*)
「おにぎりは三角って難しいなぁ」とAさんが言うと、
「ちょっと形が悪くっても、口に入ったら同じや・・。アハハハ。」
b0108282_15521861.jpg

b0108282_15564630.jpg


どのグループも 茶わん蒸しはお手間入りだけれど 卵を割ってこし、椎茸・海老・鶏ささみ、かまぼこ 三つ葉の入った美味しいのが出来上っていた。
b0108282_15524365.jpg

[PR]
by kumi-asama | 2018-05-18 15:59 | 料理 | Comments(0)