<   2017年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

牡丹 芍薬に魅了された奈良の花の寺&かもきみの湯

 4月26日(水)

雨も様のあいにくのお天気の中温泉サークルの例会で 今月は奈良県「かもきみの湯」と花の寺(當痲寺と石浩寺)へ。

大阪と奈良の境に位置する葛城(かつらぎ)へ。
長岡京市を出発し 高速にのり 1時間ほどで「道の駅かつらぎ」着。
昨年オープンしたばかり。
b0108282_6412526.jpg

夫は好物のおはぎと奈良漬、 私は甘酒をつくる米麹と いちごと 素麵バチを買つた。

當麻寺(たいま寺)ー関西花の寺21番ー
b0108282_6462570.jpg

中将姫像
b0108282_6471614.jpg


牡丹、石楠花が有名な花の寺。
長岡京市に牡丹で有名な乙訓寺があるが、花の数、広さはなん倍も立派なお寺だった。
b0108282_6481044.jpg

b0108282_6484696.jpg


牡丹の他に 石楠花 芝桜 珍しいハンカチの木があった。
b0108282_6493912.jpg


水琴窟
b0108282_651943.jpg

ハナイカダ
b0108282_6523434.jpg

紙傘のおみくじ
b0108282_6535640.jpg

快晴は大吉で 雨は小吉・・とお天気のおみくじなんて珍しい!!
b0108282_6554842.jpg


石光寺ー関西花の寺20番ー
b0108282_6565567.jpg


ここも牡丹の寺として有名。
2000株300種類の牡丹とシャクヤクが植えられていた。
b0108282_7173026.jpg

b0108282_718266.jpg

日本最古の石仏が祀られていた。
b0108282_710133.jpg
b0108282_7134394.jpg

b0108282_710465.jpg









かもきみの湯葛城の郷「かもきみ湯」へ
ここに着いたのは13時前だったので、先にお昼ご飯を済ませてから温泉に入った。
美人の湯と言われる温泉で、泉質はナトリュウム。
内湯と露天風呂合わせて20種類あり広々としていて、ゆっくりと温泉に浸かって リラックスできるいい温泉だった。

毎回温泉サークルの世話人さんが温泉と観光とお買い物をセットして計画をして下さる。
気候によって 計画通りといかず 花が咲いていなかったりという事もあるのに 牡丹や芍薬 石楠花も見られ、色とりどりの花に魅せられ十分温泉+α楽しませてもらった。
芍薬と牡丹の違い 石楠花との違いなども良く解らなかったけれど、教えてもらう事も出来た。
帰ってからパソコンでも芍薬と牡丹の見分け方などを調べてみた。
大変よく判るのがあった。https://www.hanamonogatari.com/blog/1710/

参考にしてみて下さい。

お世話係の方 ありがとうございました。
今回の旅は温泉 買い物 お花 すべて☆☆☆☆☆でした。
 
   --------------------------------------------------------------------------
[PR]
by kumi-asama | 2017-04-27 07:19 | 温泉 | Comments(0)

2017私の桜日記

桜 大好き!!
 4月20日(木)

3月の25日くらいに咲いた年もあった。4月5日の保育所の入園式 10日の小学校の入学式の頃にきれいに咲いた年もあった。

今年は
4月1日(土)2日(日)に桜祭りがあちこっちの観光地であったけれど、まだまだつぼみの状態だった。
4月1日 八幡の桜祭り(背割り)に お花見客が宴会をしていたが桜は咲いていなかった。
b0108282_20264429.jpg


4月5日 嵐山

渡月橋あたりの桜はまだつぼみだった。
朝は咲いていなかったのに午後同じ場所を通ったら咲いていてビックリした。
b0108282_20282932.jpg


4月11日 嵐山桂川の河川敷の桜。
あらしやま園の四階の窓から ソメイヨシノの淡いピンク色がやさしく きれいにだった。
b0108282_2030577.jpg

b0108282_20304418.jpg


4月12日 Sさんのおうちの前の大山崎天王山の麓の桜が満開で、道路はひらひら散った桜で染まっていた。
b0108282_20324320.jpg


4月14日 長岡天満宮八条ヶ池の桜 
b0108282_20341226.jpg


御衣黄桜 という札が下げられていた
b0108282_20343683.jpg

b0108282_2036488.jpg


4月16日 大山崎山荘美術館の桜
b0108282_20425385.jpg


今年 お花見に出かけようと思っていたけれど 遠いところには行けなかった。
その代り 近くで さくらを愛でることが出来た。
さくらは大好き!優しい色で、見ていると 気持ちもやさしくなる。

京都新聞の20日の桜情報
 つぼみ・・奥比叡
 満開・・・二条城 平野神社 三千院 梅宮大社
まだ お花見できるとこもありそうだ。

来週はいろいろ予定が入っていて忙しいけれど さくらを観る機会はあるかな。



   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
[PR]
by kumi-asama | 2017-04-21 20:57 | 畑・花 | Comments(2)

夏目漱石アンドロイドに会いに

 4月16日(日)

夏目漱石のアンドロイドに会いたくて、大山崎山荘美術館へ出かけた。
b0108282_842549.jpg


美術館の庭の桜が満開だった。
b0108282_711221.jpg


美術館に入館後、すぐにイベントルームへ。
すでに予約者が多勢で、1時間のちの立見席の予約を取った。

小1時間あり、その間展示室へ。
漱石・加賀正太郎の年表や、漱石が加賀正太郎にあてた手紙や 建設中の山荘の漱石が考えた呼称案が書かれたものなど展示されていた。

1915年に夏目漱石は、この山荘に訪れ、それから102年が経過し、今回は再訪となる。

アンドロイドってどんなのかな?と興味津々で、部屋に入った。
b0108282_7135790.jpg


司会の方が「夏目先生のご紹介をします。」と
挨拶が始まった。


「ただいま紹介されました夏目漱石です。私は・・・」
と自動音声で、漱石がしゃべり始めた。
b0108282_7143694.jpg


外見は漱石が45歳の頃の写真を基にして作られた。生きてるかのようだった。

音声は夏目漱石の孫の夏目房之助の声を録音した人口音声、
洋服はその当時の写真を基に生地や色を決めて、受注し、靴も漱石の靴を履いた写真を参考にして、当時流行していたデザインに近いものを依頼されたようだ。

アンドロイドは人造人間、ロボットだけれど 本物そっくりで、ロボットと言えば、四角い顔や体で、見た目は機械というイメージだったが がらりとイメージが変わってしまった。
目も顔も腕も話に合わせて、動く。
b0108282_716339.jpg

夏目漱石は自己紹介の後、「夢10夜」の朗読があった。
朗読の後 大きな拍手を送った。漱石と握手もしたかった。
写真はOKだったけれど、握手はできなかった。
素晴らしい日本の最先端技術の漱石アンドロイドに会え、満開の桜にも会えて、いい日和だった。


 ----------------------------------------------------------------------------
[PR]
by kumi-asama | 2017-04-21 07:16 | その他 | Comments(2)

食パンで作るカレーパン作りました

TMKクッキング
 4月9日(日)
Aさん Tちゃんの二人が10時にわが家にやってきた。
早速いちご大福の生地から 作りはじめる。

いちごはあんで包む。
b0108282_983651.jpg



出来上がった生地をあんでくるんだいちごをくるんで完成!!
b0108282_6371816.jpg


食パンで作るカレーパンの作業も同時にやる。
b0108282_6383514.jpg

b0108282_6393929.jpg

耳を落とした食パンは麺棒で薄くのばし、そこにカレー生地をのせ
三角に折り、卵→パン粉をつけてあげる。
b0108282_640681.jpg

b0108282_6404031.jpg


「わーい\(^o^)/ 出来た!」と熱々のカレーパンと庭で採れたリーフレタスとパセリを添えたサラダ、そしてもう1品「フライパン一つで出来るキャベツのスープスパゲティ―」と一緒にいただきまーす。
b0108282_6413236.jpg

3人で作ったお料理を「美味しいね!」と夫も一緒にランチ。
b0108282_8464073.jpg

「きょうはありがとうございました。楽しいひと時でした。
早速 晩御飯に作りました!
カレーパンは子供に大好評です。」
Aさんから可愛い小学生の息子さんの笑顔と、カレーパンがお皿に のったご馳走やスープの写真がIPADに送られてきた。

こんなのが届くと とっても嬉しい。
「食パンで作るカレーパン」は Sさん宅でやるクッキングでも作ったが、みんな喜んでもらえる1品だ。



   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
[PR]
by kumi-asama | 2017-04-16 07:26 | 料理 | Comments(5)

お花見に 嵐山の大悲閣へ

大悲開千光寺
4月5日(水)
お花見に嵐山の大悲閣に行かへんか!と いうお誘いがあり友達3人と阪急に乗って嵐山へ。
なにか催しがあるらしく 京都府警の制服姿の人や、着物姿の女将等が準備していた。
b0108282_15183645.jpg


阪急嵐山駅から30分ほどかかった。渡月橋は渡らず 舟に乗っている人を眺めながら 川沿いに上流へ。
b0108282_1663316.jpg


約1㌔ほど どんどん歩いて行くと、大悲閣の登り口に着いた。
b0108282_15214214.jpg


階段が200段あって 急な登り坂というのをパソコンで調べたら書いてあったので覚悟をしていった。

3人でゆっくりおしゃべりしながら登って行った。あっ、やっと見えてきた。
b0108282_16254813.jpg

階段は段差が大きいと大変だけれど、20㎝くらいで、登りも下りも膝の悪い私だけれど、手すりもあったので大丈夫だった。
b0108282_15232551.jpg

江戸時代に角倉了以が桂川、高瀬川の開削に尽力を尽くし、工事で命を落とした人を弔うために、寺を建てた。
京都育ちの私なのに大悲閣なんて知らなかった。なのに、大悲閣へヨーロッパの人が何人も来ていて不思議に思ったので、 そのことをお寺の人に聞いたら
「ここに観光で来た人がネットで書いたりして、それを見て 静かな京都を訪れたいと思って拡がり、こられる人が増えているらしい。」
と教えてもらった。
b0108282_15333848.jpg

鐘をゴ~~ン ゴ~~ン ゴ~ンと願い事を唱えながらついた。
b0108282_153854100.jpg


大悲閣から遠く比叡山、大文字山、双ヶ岡・・・等が良く見えた。
b0108282_15403183.jpg

b0108282_1543127.jpg

b0108282_1544381.jpg


混雑する渡月橋あたりと違って 同じ嵐山でも とっても静かな別天地に来れて良かった。

ここを降りてから、お昼ご飯に天龍寺の近くのお店に入った。
帰りに 歩いて阪急嵐山にむかって行くと 朝、見た時は桜はほとんど咲いていなかったのに、花がたくさん咲いていたのでびっくりした。1日でこんなに咲きだすものなの・・・?!?
b0108282_15481822.jpg

b0108282_15551920.jpg

b0108282_16194641.jpg


それから常寂光寺~落柿舎~竹の経を通り、帰路へ。
b0108282_1605280.jpg

2万歩くらい歩いたのかな。

いいお天気になって お花見も出来たし 良かった (*^。^*) 
[PR]
by kumi-asama | 2017-04-08 16:08 | 旅・散策 | Comments(2)

東海道57次(京街道 NO.2 中書島~樟葉)

4月1日(土)(東海道57次 京街道 NO.2  中書島~樟葉)

9時に中書島を 出発。今回は夫は両手に美女6人をお供に 7人のメンバーで行く事になった。 10歳のSちゃんもママと一緒に参加なので、平均年齢はうんと若返った。

京阪中書島から 西高瀬川の川辺に沿って歩く。
b0108282_16215777.jpg

水仙がきれいに咲いていた。お世話をして下さってる方がおられることに感謝しながら 歩いていく。

伏見港跡には 行き来していた木船がおいてあった。
b0108282_16233613.jpg


水門
b0108282_16242750.jpg


宇治川堤防を歩く。遠くかすかに伏見桃山城が見えた。
b0108282_1715178.jpg


踏切に「千両松」と書かれてた。
どんな話がここにあるのかな。
b0108282_16262256.jpg

戊辰之碑 
戊辰戦争の鳥羽伏見の戦いの後
b0108282_16334513.jpg

稲葉神社に着く
b0108282_16345792.jpg

淀城跡で早いがお昼にする。

もう後 数日あとに 来たらきれいな桜に出会えたやろうね~。
少し早かった!!
でも、1本だけ さくらがきれいに咲いていた。
b0108282_16361749.jpg


美豆城(みず城)
こんなお城があったなんて、初めて知った。
そのお城の石垣が今なお残ってるのか そばにあった美豆小学校など石垣が見られた。
b0108282_16371952.jpg

b0108282_1638220.jpg


八幡では 昨日今日と「八幡さくら祭り」をやっていたが桜はまだまだつぼみだった。
b0108282_16434156.jpg

背割り桜の道 まだ咲いていなくて残念!
b0108282_16452012.jpg


新しく出来た展望台が立っていた。

Sちゃんとママが二人で楠木に両手を広げて見た。けれど、後3人周りを囲むのに
必要なくらいの大木があった。
b0108282_16484971.jpg


飛行器工作製作所跡
b0108282_16493836.jpg

飛行原理を誰よりも早く発見した 二宮忠八が玉虫型飛行器の制作を取りかかった跡地。
自分の夢を形にした人がこの地に。

このあたりに来ると 昔の街道の雰囲気がそのまま残ったような民家が見られた。
b0108282_1652164.jpg


「あっ つくし発見!!」
b0108282_1654322.jpg

嬉しくなって ちょっとだけつくしを摘んで帰った。
工事中のため、旧京街道がなくなっていた。
街の中をうろうろしていたら、どこかのおじさんが、「ここのお寺が柵を作って通れなくしてしまったので、旧京街道が判りにくくなった」と言って、案内してくれた。

旧京街道の石碑
b0108282_16585349.jpg

きょう 歩いていて こんなのがあったの初めてだった。
もっと 京街道の道しるべや歴史にまつわる案内板など八幡市の観光課にお願いしたい。

枚方までは きょうは無理と判断し、樟葉で終着。

樟葉モールでみんな自分のすきなスィーツを注文する。
b0108282_1742941.jpg

疲れた時は甘いものが美味しい (*^。^*)

9時に歩きだし 3時過ぎまで 約15㌔くらい歩いたかな。
「次回はこの続きを また 一緒に歩きましょう!」と ここで解散。

前の日は雨降りだったけれど きょうは風もなく 寒さも感じず
歩くのに暑くもなく ベストなウオーキング日和だった。
晴れ女 バンザ~イ (*^。^*)
b0108282_1720586.jpg




  -----------------------------------------------------------------------
[PR]
by kumi-asama | 2017-04-03 16:20 | 東海道ウオーク | Comments(2)