<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大きなまったけに感激!!

10月14日(日)

知人から「カナダのまったけで、国産物より香りが落ちますが・・・、」と届けてくださった。
b0108282_21153610.jpg

まぁ~、まったけ!まったけは高価なので、長いこと買ったことがなかったので感激!!
息子たちが、日曜日に来たので、まったけ料理を作った。
まったけ御飯を炊き、お吸いものも作った。
b0108282_21162580.jpg

まったけ御飯を炊いていると ドアを開けて入ってきたお父さん
「うわぁ~まったけの香りすごい!」
「美味しいな。」と息子たちはお替りして、秋の味覚の王様の味を楽しんだ。
Tさん 上等のまったけをありがとうございました。
何年分のまったけをたっぷりいただきました。ごちそう様でした。
[PR]
by kumi-asama | 2012-10-21 21:30 | Comments(0)

今年のさつまいもはいいのが出来た

10月11日(木)

畑の周りの彼岸花はすっかりなくなり、コスモスが風にゆれ
b0108282_19522848.jpg

とってもかわいい。

サツマイモの収穫の時期になった。
今年の出来はどうかな?去年はちいさかったなぁ~。
私が掘ると、じゃがいももサツマイモも傷だらけになるので、
お父さんに来てもらった。
お父さんはリュウマチで、腕や肩が痛いので普段はめったに畑に行かないので
「わぁ珍しいですね!!」と周りの畑の人たちから言われた。
今年はいいのが出てきて、嬉しい!!
おとうさんありがとう。お父さんの腕大丈夫?
[PR]
by kumi-asama | 2012-10-21 19:53 | 畑・花 | Comments(0)

みょうがの甘酢漬け

 10月5日(金)
 庭のみょうががいくつか出来ていた。
ありている畑のほうに数年前に大きないいのができるようにと
植えたけれど、日当たりが良すぎて、消えてしまった。
庭のほうの隅っこに植えているのはもう何年も植えっぱなしだけれど。
毎年できる。
b0108282_1925515.jpg

早速とって、おすましや甘酢漬けにした。
 <甘酢づけ>
1-みょうが6個は縦に2つに切る。
2-甘酢を作っておく。
 (酢-大匙3 みりん大さじ1 砂糖おおさじ2.5 塩小さじ1/2)
3-熱湯にさっ通す。湯を切って甘酢に漬ける。
[PR]
by kumi-asama | 2012-10-21 19:26 | 料理 | Comments(0)

地中海クルーズの旅は夢のようだった

紺碧の西地中海クルーズの11日の旅は夢の世界だった    
                               2012.09.21~10.01                 
▽11日間のコース
ミラノ→ジェノバ→スペイン・バルセロナ→チュニス・カルタゴ
→マルタ島・ヴァレッタ→シチリア・タオルミーナ→ローマ・チビタヴェキア
→ジェノバ→ミラノへ 
船で7泊。その前後にミラノのホテル泊。

この船の旅の計画を立てる直前 
あるクルーズの事故があり、心配していた。ツーリストの方から、「こういうことがあ
ると基準が厳しくなりますから・・・。」と。そのほかいろいろ話を聞いて魅力が
あるし、クルーズの旅も今までのツアーとは違っていいなぁと、仲間をお誘いし
24名の方達と西地中海クルーズの旅をする事になった。

△1日目 9月21日 
関空→アムステルダム→イタリアのミラノへ。  オランダ航空機内でアイスクリームがでた。
私「アイスクリームなんて珍しいね。」
夫「オランダはアイスクリームの国だから・・・」
私「ふーん、知らんかったわ。」 
アイスのカップのふたを見ると「明治」と書いてあった。(*^_^*)

ミラノ着。夕日が沈む。
b0108282_13532719.jpg

バスでミラノへ。  メリア ミラノ ホテル泊 
添乗員から「クルーズには湯船がないので、今夜はゆっくり7日分入ってください。」といわれる。

△2日目 9月22日 ミラノ→ジェノバへ
時差の加減で4時過ぎに目が覚める。
ホテル周辺を朝ご飯の前に20分ほど散歩。
クラシカルで超デラックだなぁと思ったら、5つ星ホテルだった。
b0108282_13553355.jpg

朝食はビュッフェ。種類が豊富でおいしそうなのばかり・・・。あれもこれも食べたいものがづらり。
Sさん「あ~悔しい!!」
私  「どうしはったん!?」
Sさん「道なかばにして、もうあかん!たべたいのに。お腹いっぱいで。もう食べられへん。」
その後、Sさんは食べるのをあきらめストップするのかと思ったら、またお変わりして機嫌よく食べていた(*^_^*) 

朝食後 バスでジェノバ港へ。
ジェノバの港からいよいよ「MSCスプレンディッダ」に乗船。
はじめて目にした船の大きさに、ビックリした。大きな客船は16階(デッキ)まであり、大きなマンションの塊ように見えた。 
船には3000人のお客と1300人の従業員が乗っていると聞いてびっくりした。
巨大な船の写真 
b0108282_1412648.jpg

手続きをした後カードをもらい部屋に。
船の12階が私たちの部屋。海は静かできらきら光っていた。
b0108282_135821.jpg

窓を開ければ広い海原が広がり、ベランダに椅子があって、オーシャンビューが楽しめる。最高に贅沢な部屋を取ってもらって大感激!
b0108282_13593622.jpg

窓から眺める出発前のジェノバの港
b0108282_16241633.jpg

午後3時45分 乗船客全員の避難訓練。救命具を部屋からつけて避難。
b0108282_1419282.jpg

夕方6時 ディナーへ行く前の5Fの集合場所でお父さん ピアノ、チェロの演奏者の前で、演奏に気を取られ、段差があるのを気付かず転倒し、胸を打った。今日から旅が始まるのに…心配したが大事に至らなかった。

私たちは港に船がつくと降りて、その町を観光し、夜は船に戻ってきて、自分の部屋へ泊まる。
船は夜の間に次の観光地へ移動。翌日には新しい港に着く。そして、船で7泊し寄港地を巡って歩いた。

△3日目  9月23日 
5時に眼が覚め、父さんと部屋を出て、最上階の15階へ行ってジョギングで1周する。ジムのマシンでサイクルとジョギング
b0108282_14331763.jpg

午後13時 スペイン バルセロナに入港。

グエル公園
b0108282_14385650.jpg

ガウディ博物館
b0108282_1441536.jpg


サクラダファミリア
b0108282_14363517.jpg

この教会の完成はいつになるかわからないといわれていたが、速めて2026年に完成の予定との事。
「完成したらまた見に来よう。」と言いあったが、あと14年のちのこと。それまでは絶対に死ねないなあ。頑張らなくっちゃ。
b0108282_1693685.jpg

まだまだ聖家族教会は工事中で、教会の中のステンドグラスも未完成だったが大変すばらしかった。
△4日目 9月24日
移動日 1日船の中で過ごす。
10時半に14階で24人のメンバーが自己紹介。今年から参加された皆さんが個性豊かな人たちであることが分かった。

午前中 私はエアロ、ヨガレッスン プールへ夫はジムの部屋へ。
b0108282_14485519.jpg

b0108282_14505549.jpg

お昼はビュッフェに行かずに、6階のレストランでフルコースのランチを食べる。

△5日目 9月25日  チュニス入港 パスポートを持参し出かける。

港につくと、なにか聞こえてきた。民族楽器の演奏で私たちを歓迎するセレモニーだった。ラクダが3頭我々を迎えてくれたのがアフリカらしかった。
b0108282_14545436.jpg

シティブサイト観光
b0108282_1564265.jpg

現地ガイド・ネビールさんに 「サバハラへール=おはよう」覚え方→鯖 腹減る(^O^)と教わる。
お土産屋さんでは、そのまま言われた値段と違って、対話をし、交渉して買うといい。といわれた。
ペンダントが欲しかったので、見ていると、すぐにお兄さんがやってきて「€○」「うーん 高いから買わない。」と断ると どんどん値段を下げてきて、なんと6分の一の値段になった。楽しかった。
b0108282_1458435.jpg

喫茶店に入って「松の実のティー」を飲む。€2
b0108282_14595494.jpg

ローマ時代の共同浴場
b0108282_15105671.jpg


カルタゴ ここはハンニバルのローマ遠征を含め3度ローマと戦い、3度とも負けた国。ガイドさんは「負けたけれども、最強のローマと戦ったことを誇りにしている。」と、今のチュニジアをめぐる政治の状況を踏まえ語ってくれた。

△6日目 9月26日 ヴァレッタへ入港 9時にバススタート。
b0108282_1516939.jpg

地中海に浮かぶ小さな島マルタ島は人口密度が世界で6番目。「では人口密度一番の国はどこですか。」と聞いたが、誰もわからなかった。(旅行から帰って調べたら、シンガポールが第一位だった。)
アッパーバッラガーデン ここから見下ろすと湾全体が見渡せ、我たちが乗っているクルーズ船がひときわ大きく見えた。思わず「大きな我が家が見える!」と叫んでしまった。 

騎士団長の宮殿
b0108282_15245052.jpg


聖ヨハネ大聖堂
b0108282_1529497.jpg
 


△7日目 9月27日 メッシーナへ入港
タオルミーナ ここを訪ねるのは2度目。以前来た時とほとんど変わっていなかった。
ギリシャ劇場からお天気が大変よくエトナ山が良く見えた。
b0108282_15382537.jpg

ウンヴェルト1世通り自由行動。同時に入港した3隻のクルーズ船の客で狭い観光地は大混雑していた。
b0108282_15412216.jpg

船に戻り昼食
b0108282_15461923.jpg

b0108282_15471373.jpg


△8日目 9月28日 チビタベッキアへ入港
船から降りて観光するのはとうとう今日で最後になった。チビタベッキアからローマへバスで移動。
ローマの天気は小雨。バチカン(世界で一番小さな国)の中も傘をさしたり閉じたりの見学になった。
バチカン美術館は長い長い行列。予約してあってガイドのHOさんと入場
b0108282_1549345.jpg

システィーナ礼拝堂はカメラX。
サンピエトロ寺院
トレビの泉 後ろ向きで1€コインを投げたけれどどんな願い事がかなうことやら。
b0108282_15505167.jpg

コロッセオ 古い壁にいっぱい穴が開いていた。「あの穴はどうして開いているのでしょうか。正解者には私から1€あげます。」ととても面白いガイドさん。答えは、「柱の中に埋め込まれている鉄を取り出した後。(つまり盗掘の後)」
b0108282_15515221.jpg
 
凱旋門
b0108282_15531642.jpg

もう最後の夜になってしまった。
長いと思っていた7泊があっと過ぎてしまった。

△9日目 9月29日 ジェノバ入港 ミラノへ
昼食後自由行動 美術館見学というのもあるが、体調のために歩こうと、ドーモからホテルまで歩いた。20分から30分かかると言われ、それくらいなら歩こうと、小雨の中、迷い迷いしながら1時間10分かかった。
歩いたために、ミラノという街の空気を感じることが出来た。
b0108282_15551014.jpg

ドーモ
ヨーロッパ最大のゴシック建築。普通ゴシック教会は黒っぽいのに、ここは白かった。それが一層華麗さを醸し出していた。

夜 さよならパーティー
一言感想、来年に向けての希望、夫婦で合唱や小噺などホテルの1室をお借りしディナーをいただきながらの楽しいひと時だった。  
私たちが企画する旅は15回目となる。
今年初参加の方が数名おられたがすぐに打ち解けられ、「とっても楽しかった!」という感想をお聞きすることができ嬉しかった。
今度の旅はおおむね順調だったが、ただ一つ心残りなのは、満天の星空を期待していたのに見ることが出来なかったことだ。かわりに満月の月の、水平線から登るのが見えたのはとても幸せだった。
添乗員のOさんにお世話になって4回目。「Oさんに旅を任せれば大船に乗った気持ちです。」といつも言っていたが、今回、「大船に乗る」ということがどういうことか実感することが出来た。

△10日目 9月30日
ミラノ空港で自動でチェックイン。全員がチケットを手にするのに1時間もかかった。

△10月1日
添乗員のOさんと世話人の私たちは昨年から企画を練りはじめた。大きなトラブルもなく24人全員、関空についた時はほっとした。添乗員のOさんのてきぱきとした判断力と行動力、細かい気遣いは最高。旅の間も大変お世話になり 無事に楽しい旅を終えたことに感謝でいっぱいだ。
[PR]
by kumi-asama | 2012-10-13 16:25 | 旅・散策 | Comments(0)

「楽彩会」の作品展

 10月3日(木)

バンビオで私たちが所属しているサークル「楽彩会」の作品展をやっているので見に行ってきた。

先生が「京都新聞にこのサークルの作品展のことが載ったから」とその記事を見せてもらった。
「海外旅行した時の風景をそろって描いた夫婦の作品や・・・」という文があり、これは私達のことかな???

作品展は明日が最終日で 4時まで。

バンビオ1番館にてやってるので、よかったら見に行ってください。
[PR]
by kumi-asama | 2012-10-03 21:48 | 音楽・絵画・写真・マジック | Comments(0)

久しぶりの白ご飯が美味しい

10月2日(火)

11日間家を空けていたので、畑が心配で行ってみた。
田んぼは ほとんど稲が刈り取られ、残っている稲は重たそうにこうべを垂れていた。
彼岸花が色鮮やかに田んぼの畔を飾っていた。
b0108282_2051641.jpg

数日前に台風があったようだけれど、ナスの支柱が斜めに倒れていたほかは特に大きな変化はなかってよかった!
行く前にできなかった にんにくを植えてきた。
ナスは大きくなりすぎたのも含めて10個ほど収穫。

午後は郵便局、に行ったり、冷蔵庫がからなので、食品を買いに行き、魚屋さんにもより、はもを食べたくて買ってきた。

朝は父さんが作った味噌汁、夕飯は生のはもを天麩羅にし、しじみの味噌汁、畑でとてきた、かぼちゃとナスの煮つけ等 日本食をたべる。
行ってる最中は 日本食が恋しく食べたいと さほど思わなかったけれど、白ご飯 梅干が美味しい。

夜は久しぶりにピノスへ行って、泳いだり、水中ウオーキングをして、ジャグジー、ドライサウナ、ミストサウナに入ってきた。

もうこれで 時差ぼけもなくなって、普通の生活に戻ってきた感じ。
[PR]
by kumi-asama | 2012-10-03 20:51 | 畑・料理 | Comments(0)

西地中海クルーズの旅から帰国

10月1日(月)

9月21日ー10月1日までの11日間 MSCスプレンディダの大型客船の
旅に行って、今朝 関空から帰ってきた。
昨日は台風で雨が降っていたと聞き、いってる間に自民党の総裁が変わった事
大相撲では日馬富士が優勝し横綱になったなど10日間のニュースをタクシーの運転手さんが教えてくれた。
海外では日本のテレビが映らなく、何が起こっているのかわからなかったのでお父さんは野球のこと
サッカーのことなど聞いていた。
b0108282_2037349.jpg

また クルーズの旅の話は後日 ブログに・・・。
[PR]
by kumi-asama | 2012-10-03 20:37 | Comments(2)