カテゴリ:食事( 36 )

わが家で御誕生日のお祝い

長男の誕生会
 4月7日(土)
それぞれ みんなが揃うのがなかなかなくて、土曜日の夜となった。
近くのレストランで誕生会をしようかと予約を入れたけれど 予約が取れず 今回は我が家ですることになった。

夕方6時に始められるようにと午後から用意し始めた。
・ミートローフとじゃがいも・ブロッコリー
  
・キューリ・ピーマン・レタス・赤パプリカ・レタス・プチトマト・レモンのサラダ

・ワンタンスープ

・細巻ロール寿司
   アボガド キュウリ 卵焼き 海老 ラディッシュ マグロたたき
   ラップで作るこのお寿司は銀行に行った時 雑誌を見ていたら
   この細巻のお寿司がのっいた。これは海苔巻きと違って 
   いろいろな具を上にのせ なかなかいいなぁ~とすぐにこれをやることにした。
  
b0108282_18461557.jpg


・ケーキ
b0108282_18435233.jpg


早い目に来た人にワンタンの具を皮に包むのや、出来上がったお寿司を切るなど手伝ってもらい 6時過ぎに出来上がった。
b0108282_1841214.jpg


「お誕生日おめでとうございます。カンパーイ!!」
b0108282_1844643.jpg


今回のメニューは和風 中華 洋風となんでもあり (*^。^*)
b0108282_18403040.jpg


若い人は足りないといけないので、おにぎりを夫に作ってもらった。なんと これも 好評だった。

息子はお祝いのプレゼントをもらい みんなからお祝いしてもらった。
どうぞ いい年となりますように。
私から息子へのプレゼントは「バニーカクタス」
兎の耳のようなかわいいサボテン。
どうぞ窓辺に置いて いつまでもかわいがってね。
b0108282_18584470.jpg




   ---------------------------------------------------------------------------
[PR]
by kumi-asama | 2018-04-20 19:16 | 食事 | Comments(2)

第1回 西国街道ウオーク

3月31日(土)
東海道 中山道 京街道の三つの街道を何年もかけて完歩し、次はどこにしようかとなり、一番身近な西国街道になり、今日がその第一回目。

西国街道は平安京の南口羅城門から始り、西宮に至る街道.。ここから 下関までを結ぶ山陽道までつながる。距離は586㌔、東海道に匹敵する。これを完歩するには我々の足では数年かかりそうだ。
秀吉が朝鮮出兵の際 拡張整備したことにより、「唐道」などとも呼ばれていた。

近鉄東寺駅に4人が集合し、9時半にスタート。
東寺
b0108282_14331997.jpg


b0108282_14394079.jpg


東寺の南大門を通ると 3月10日にも同じ場所にいた鳥がいた。
南大門の門番をしてるのかな!? おすましして つんと立っていた。

西国街道はこの羅城門がスタート。
b0108282_1440244.jpg

児童公園の入り口に 「羅城門跡石碑」があった。
b0108282_14404910.jpg

b0108282_14412330.jpg


この花の名は?おうちの玄関先にいろんなお花が咲いていて お花見がつづく。
b0108282_14415317.jpg


矢取地蔵尊
b0108282_14443767.jpg

b0108282_14445911.jpg

街道筋に 立派な民家があっちもこっちもではなく ちらほらあった。
b0108282_14502172.jpg

b0108282_14502825.jpg


桂川の堤防沿いの菜の花と桜並木が見事!!きれいだった。
b0108282_14454411.jpg

柳の新芽が風に揺れて、花もつけていた。ここでちょっと休憩。
b0108282_14533061.jpg


久世橋を渡る
b0108282_14542063.jpg


あっちもこっちも桜が満開で お花を楽しみながらのウオーク日和。
b0108282_14552843.jpg

b0108282_14554941.jpg


向日町に入った
b0108282_1458685.jpg

これまであんまり西国街道の石碑などなかったが東向日に入ると立派なのが建っていた。
b0108282_14584592.jpg

b0108282_153194.jpg

向日神社の桜
向日神社の前を通るとあんまり桜がきれいなので、ここで 桜を見ながらお弁当を食べることになった。
b0108282_1544580.jpg

b0108282_1553830.jpg


枝垂れ桜の下で御弁当をいただいた。
b0108282_1565142.jpg

参道の桜のトンネルを通り 街道に戻って、長岡京の方へと進む。
西向日の西小路古民家
b0108282_15103344.jpg


一文橋を渡り長岡京市に入る。
b0108282_1512279.jpg


与市兵衛の墓を通り、犬川を渡り、大山崎に入る。
京都外環高架下。
b0108282_15312893.jpg

西国街道 調子八角
b0108282_15325994.jpg

西山天王山駅調子八角交差点に公園があり、「馬ノ池の水」があり、地下水100%飲料用の水のようなので、ちょうど喉が渇いたので、ごくごく飲んだ。
b0108282_1542080.jpg

b0108282_15432840.jpg

大山崎黒門跡
b0108282_15452614.jpg


大山崎ふるさとセンターの前のガラスに「乙高の高校野球の試合テレビ放映中」と書いてあり、
「わーみたい!!」と中に入った。
ソファーに腰かけ 気になっていた乙高と三重高校の試合の七回裏から見ることが出来た。
2対1で三重高校が1点リードしていた。
もう ハラハラして、Tちゃんは画面を見られず・・。

乙高8回1アウト2塁3塁のチャンス キャーキャー言いながら応援!!
この時に点が入っていたら 良かったけれど、8回 9回 どちらも点は入らなかって 
結局2対1のままで 乙高は負けてしまった。
b0108282_1548280.jpg

あ~残念!!

阪急大山崎駅に着。

ここで
喫茶店に入り スイーツを注文 「御疲れ様!!」
b0108282_1549201.jpg

[PR]
by kumi-asama | 2018-04-03 15:12 | 食事 | Comments(0)

金谷で極上の伊賀牛に舌づつみ

12月10日(日) 晴れ 
寒い朝だ。起きた時 部屋の温度は5度だった。
きょうは息子の勤め先のバスツアーに、私達夫婦も申し込んでくれ、京都駅から伊賀への日帰りの旅。9時25分ー京都東インター10時05分ー道の駅「あやま」20分休憩。 100年の歴史がある元祖伊賀牛の「金谷」で昼食
b0108282_20013911.jpg
11時~12時20分1階は肉屋さん
b0108282_20020848.jpg
すき焼きで有名な金谷。私たちは伊賀牛のバター焼き。すき焼きは食べたことあるけれど、料理屋さんで、鉄鍋にバターをひいて食するのは初めて。
b0108282_20032729.jpg
霜降りのサーロイン、ヒレ肉ロースは、とびきり上等の伊賀ビーフは柔らかく、まろやかで美味しく、口の中でとろけそうで、格別な味覚だった。仲居さんがついて焼いてくれた。
b0108282_20042670.jpg
大根おろし+にんにくのすりおろしが入っているたっぷりの大根おろしに醤油をかけて レアーの焼き立てを口に運ぶ。「う~~ 美味しい!!」野菜も食べて 満足 満足。 
b0108282_20153974.jpg
b0108282_20161149.jpg
12時50分~14時15分伊賀の里 モクモクファームへ
b0108282_20171926.jpg
入園し、広い敷地の園内を地図を見ながら散策。ハム 工房を通り ソフトクリーム、ドリンク のお店へ。
トントン神社で、トントンと夢が叶いますようにと豚さんの鼻や耳、頭を撫でて お参りして来た。
b0108282_20200928.jpg
b0108282_20204343.jpg
とんとん神社の参り方が書いてあった。二礼し 手をトントンと二拍し、ブーと言って願うなり。最後に一礼をして参るべし。この通り 最後にブーと言って、「豚さんよろしくね」とお参りしてきた。
手作りパンや伊賀ミカンをお土産に買って帰った。
15時40分~16時40分藤居本家 酒蔵見学
b0108282_20302012.jpg
お話しを聞いたり、酒米、お酒を作る為の仕込水を飲ませてもらった。
b0108282_20351081.jpg
酒米の説明
b0108282_20324065.jpg
酒蔵を見学したあと、お酒の試飲。
b0108282_20364010.jpg
夫は試飲のあと。早速古酒7年ものを、私は大吟醸の酒粕を買った。充実した行程で楽しかった。
[PR]
by kumi-asama | 2017-12-21 20:39 | 食事 | Comments(2)

フランス料理のお店 カフェブラッセリーヴォロンテへ

 10月28日(土)
家から遠くはない長岡京のセブン通りにある「カフェブラッセリーヴォロンテへ」で10人近くの知人とランチ。
b0108282_13403866.jpg


台風の雨が気になったが 大雨でなく、大丈夫で良かった。車を出してくれたTさんにのせてもらうと10分かからなかった。
出来てまだ日が浅く、店内はきれいで、シェフが一人で切り盛りしていた。

2階は私達貸切で、ゆっくりと 2時近くまでおしゃべりしながら食事を味わい 楽しいランチタイムだった。
b0108282_1336563.jpg


写真を写すつもりだっのに、おしゃべりが弾み、写真をつい写すのを忘れ、食べてしまった。
b0108282_1337432.jpg


また 行って見たいなという感じのいいお店だった。
[PR]
by kumi-asama | 2017-11-20 13:42 | 食事 | Comments(0)

サンマルクでお誕生会ランチ

 8月15日(火)

朝、雨が降っていた。
雨がしばらく降らなかったから畑の野菜にも植木にも恵みの雨となった。
キュウイの樹の葉っぱが元気がなかったけれど これで安心
元気復活。

10時から合唱のサークル(10時~11時半)

その後 親戚のIちゃんの誕生会があり、12時に桂のサンマルクへ。
Iちゃんの姉妹、子ども、長男夫婦 私たち夫婦 9人でランチをいただきながら、Iちゃんへプレゼントの品を送ったりして みんなでお祝いをした。
b0108282_21541768.jpg


b0108282_21574199.jpg



b0108282_2059760.jpg

  お料理の写真が上手に撮れなかったのでサンマルクのHPのを利用。


コースの料理+パンは「いかがですか!」と温かでふわふわのごまパン
レーズンパン、クロワッサン、よもぎパン・・がつぎつぎ運ばれてきて 焼き立てが美味しかった。
b0108282_20445075.jpg


Iちゃんはうちの長男の2歳年上だけれど もう1歳の孫がいて もうすぐ二人目が出来るんだって。

Iちゃんへ 
子育ても終わりましたね。Iちゃんなら曾孫の顔が見れるかもしれないね。元気で長生きして これからは Iちゃんらしく いい人生を楽しんでくださいね。
 
晩御飯を作る時間になっても まったく お腹がすかない。
昼間にたっぷり食べたので、夕食を作る気になれない。
なにを作ろうかな?
卵料理でもしようかな・・・。
「トマトを入れたオムレツ」と 空心菜のおしたし。
「じゃがいもと人参 ズキーニの白みそ味のスープ」にした。

先週、夫婦ともお腹の調子が悪くなり、お粥と梅干、豆腐、ヨーグルト トマト 甘酒 白身の魚 半熟卵・・という食事を作り 回復するまで3日間そんな食事を続けた。
油っこいもの、肉類など、食べなかったので、 体重は夫も私も2㌔ほど痩せた。
そのせいで 胃袋が小さくなったようで、ちょっと食べると お腹がすぐにいっぱいになる。

普通食にもどってから もう1週間になるので 体重はほぼ元に戻った。
涼しい日がここ三日ほど続いているが まだまだ暑い日が続くので
夏バテしないよう 元気で過ごさねば・・・。

皆さんもどうぞ お体ご自愛くださいませ。


    ----------------------------------------------------
[PR]
by kumi-asama | 2017-08-15 20:34 | 食事 | Comments(2)

八坂の塔近くの「AKAGANEダイニング」へ

2月17日(金 )
今日は近所の友達3人で阪急に乗って祇園の方へお出かけ。
昨日は春の様に暖かく、布団も干し、洗濯もし、いいお天気だったのに、
今日はどうも雨が降る模様。
四条に出ると 雨が降っているのに 着物姿の観光客に何人も出会う。

祇園から南に行き安井から東へどんどん歩いて行くと八坂の塔が見えてきた。
b0108282_1049375.jpg



レストランの近くのお寺に立ち寄る。
b0108282_10521072.jpg


紅白の梅の香りが・・・。
b0108282_10502978.jpg


京都にいながらこんなのがあったは知らなかった。

中に入って行くと 「くくり猿」というのがつりさげられていた。
b0108282_10524680.jpg


布で作られた猿の4肢がくくられ、くくり猿の霊力で「猿結び=縁結び」の後利益があると言われている。
たくさんのくくり猿に、参拝者の願いが描かれたのがたくさんつるされていた。
b0108282_10541245.jpg

このレストランの前の通りに人力車が。そして花嫁さんが。
b0108282_11152367.jpg



レストラン1925年に建てられた老舗企業のオーナーの邸宅で、
外観も内装も洗練されたフランス料理店。普通のおうちのようで 通り過ぎそうだ。
b0108282_10565356.jpg

店の玄関。
b0108282_10552574.jpg

L字型の窓は庭に面していて、お庭を見ながらお食事ができる素敵な雰囲気。
b0108282_10575960.jpg


b0108282_1103841.jpg



お料理をすべて写せなかった。

b0108282_1103841.jpg


b0108282_1105363.jpg

嬉しいことに デザートバイキングだった。(*^。^*)
b0108282_111686.jpg

b0108282_1114268.jpg

b0108282_1135769.jpg


京野菜や有機野菜をふんだんに使われた食材で、見た目にも美しい盛り付けされ 
心癒される至福のひと時だった。

その帰りに鉄筋コンクリ-ト製 「霊山橋」という短い橋がかかっていた。1922年に作られた橋。
b0108282_117383.jpg


案内板があり
「どちらからわたっても「霊山冥土」へ五歩で渡れる。
渡る前に(南無)と唱え (妙法蓮華)と進み、五歩目で(経)と唱えて渡りきる。
ここより古い橋があったらご一報ください。」と説明されていた。

清水寺には何度もいっているが、まだまだ京都の知らないところがあり、京散歩は楽しいなぁと再認識した。

    --------------------------------------------------------------------
[PR]
by kumi-asama | 2017-02-23 11:19 | 食事 | Comments(0)

Tさんの手作りカレーのお誘い

 8月8日(月)

前日に 夫の大学時代からの友人のTさん御夫妻から 夕飯に彼の手作カレーを食べに来ませんか?とお誘いの電話があった。
次の日の夕方にお邪魔しますという事になった。
朝、畑で赤じそを採ってきて作った赤じそジュースを作った。その赤じそジュースや 野菜寒天サラダを作って Tさんのおうちにお邪魔した。
久しぶりに行ったので、確かこのあたりなのに・・・。
と、探すけれど、家がなかなか見つからない。
電話番号も判らないので、一度、家にもどろうか・・・と言いながら、もう一度丁寧に表札を見ながら、歩くと、「あっ、あった!!良かった!!」
グルグル回っていたので 予定の時間を20分くらい過ぎてしまった。

夫は赤ワインをついでもらって、まずは「お久さしぶり~。」と乾杯。
私は甘酒をいただいた。手作りの甘酒は甘く、上手にできていて、作り方を教わる。
私も最近、甘酒を作り始めたので、話が合う。
Tさんのとこも男の子3人で、うちも男の子3人。
 「お好きなだけ、ご飯をよそって、カレーをかけて下さいね。」と
Tさんが丹念に作られた カレーをいただいた。
b0108282_16552084.jpg

玉ねぎを20分オリーブオイルで、炒めると
メイラード反応と言って、糖とアミノ酸の反応により、うまみが増すのだそうだ。

わが家は固形の市販のル-を使っているが、Tさんが 使っているのは フレーク状のもの。
b0108282_16555872.jpg

初めて見た。
「スーパーで売ってるよ。」との事。

このルーは、中辛を使って作ったと聞いたが、玉ねぎ炒めが効いて、コクがあり、甘く感じた。

子供たちから「お父さんのカレーが食べたい!とくるんですよ。」とうちの夫。
手間をかけて作る男のカレーの作り方をお互いに聞きあう。

うちの夫もリュウマチや、腎臓がんにかかったりしているので、Tさんご夫妻の御病気にかかられたこと、薬の事など、子どもたちの事など、
共通する話は山ほどあり、美味しいカレーをいただきながら 旅の話 本の話と、、、、いくらでも話が続く。
気がつけば8時半を回っていた。

あ~今夜は楽しかった!! 
美味しかった!!

-----Tさんご夫妻へ-----------------

お誘いいただきありがとうございました。
レシピを送っていただいたので、うちも夫にTさん方式のカレーが近いうちに食べれるんでは・・・ (*^。^*)
ぬか漬けもいただきありがとうございました。
うちのぬか漬けが、どうも美味しくないので、いただいたぬか床で、野菜のぬか漬けがまた食べられるので、喜んでいます。そちらでいただいたナスのぬかづけ美味しいでした。

もうTさんのおうちも わかったので、忘れないうちに行かせてもらいます。 (*^。^*)

わが家にも 是非お二人でおいでください。
京大の総長が作るのは「総長カレー」我が家の夫が作るのは「数学カレー」と息子たちが名づけました。
どうぞ 良かったら この数学カレーを食べに来てくださいね。

追申
このブログをいつも読んでくださっている方も どうぞうちにおいでくださいね。
前もって連絡していただければ、OKです。


----------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by kumi-asama | 2016-08-09 16:59 | 食事 | Comments(2)

幸せいっぱいになったホテルグランヴィアのティーセミナー&イタリアンランチ

6月7日(火)

紅茶セミナー&イタリアンランチにToさんのお誘いがあり、一緒に参加した。
b0108282_1212490.jpg

ホテルグランヴィア京都 「イタリアランチ&紅茶セミナー」
というおしゃれな15Fの見晴らしの良いイタリアンレストラン「ラ・リサータ」で
12時30分から始まった。

アイスティーの歴史、
アイスティーの美味しい作り方、
アレンジティーの作り方、
作り置きのレシピなど
ティーアドバイザー・インストラクタ―の福島ちあきさんが、目の前で実演され、
教えてもらった。
b0108282_12145793.jpg

あったかい紅茶は家で飲むが、アイスティーは買ったことはあるが作ったことは
無かった。

その後は、
素敵な器に盛られたお料理をいただいた。
b0108282_121234100.jpg

お料理を食べる前に シェフから あいさつされ、お料理の説明をしていただき
、一層美味しさが増した。
本場イタリアで3年間就業を積んだ野呂和美シェフ。
シェフの顔がまさに見えるレストランだ。
b0108282_12132254.jpg

b0108282_12175471.jpg

b0108282_12134140.jpg

あ~幸せ~~

自家製のショートパスタのトロフィエ料理。
手の平で4~5㎝のひも状に伸ばしたものいる手作りパスタ。
左右の端がねじれた形になっていて もちもちした食感で美味しかった。
b0108282_121479.jpg


b0108282_12142493.jpg

帰りに入り口に、シェフがおられ、一緒に写真を撮っていただき、ますますこの日の事が濃厚に心に残る至福のひと時となった。b0108282_12205940.jpg

モルゲンタオというマンゴ―の香りと、バラの香りをブレンドしたティーをウエルカムティーで味わい デリシャスなイタリアンをいただき、幸せいっぱいになった。

Toさんに 誘ってもらい 感謝 感謝。
また一緒にお出かけしましょうね。


b0108282_12152148.jpg



-------------------------------------------------------------------------
[PR]
by kumi-asama | 2016-06-16 12:15 | 食事 | Comments(0)

親睦会で「宝ヶ池 ゆば泉」へ

5月28日(日)

左京区岩倉にある 湯葉レストラン「宝ヶ池 ゆば泉」に行く前 宝が池を散策することにした。

宝ヶ池

新緑の季節で緑の樹々に癒やされる。
ご夫婦の方が手を伸ばして、なにかを採ってる。
近寄ってみると赤い実がたくさんなっていた。
b0108282_10275726.jpg

「美味しいですよ。」と聞いて、私は赤いのをとったら
友達から 黒いのを取らんと美味しくないよ!と教えてもらい、友達が手の平にのせているのをもらい口に入れてみた。
くわのみというのを初めて口にした。
さくらんぼも出来ていた。

池には鯉やアオサギ・・野生の鹿などに出会い ゆっくりと宝が池の周りを一周。
ゆば泉へ集合時間 11時30分の10分前についた。
ゆばの懐石は初めて。

b0108282_1024351.jpg
  

↑ お店のHPより

ヘルシーで美味しかつた。


夫のお土産に その店で、「くみあげゆば」を買って帰った。
わり醤油と生姜で どうぞ!!
[PR]
by kumi-asama | 2016-06-07 10:25 | 食事 | Comments(2)

誕生会&母の日を農場レストランモクモクで

 5月8日(日)

誕生会&母の日という事で、「農場レストラン モクモク」 河原町六角西入る で みんな集まって楽しい食事会だった。
b0108282_17104913.jpg

場所は新京極の映画館 ムビックス近く。
b0108282_1711131.jpg

三重県伊賀の里「モクモクファーム」の直営店のレストラ、1時間半のブッフェスタイル 。
b0108282_17174458.jpg

b0108282_17161180.jpg

モクモクファームの農場で採れた野菜や豚肉などの農産物を加工した、ソーセージ、地ビール、手づくりのパンなどが、たくさん並び、多くの種類があるので、食べきれなかった。
長男のお盆には・・・↓
b0108282_17152454.jpg


息子の誕生日は13日なので、少し早かったが、
みんなからプレゼントをもらってにこにこだった (^O^)
[PR]
by kumi-asama | 2016-05-14 17:18 | 食事 | Comments(0)