人気ブログランキング |

奈良へ日帰り旅行 洞川温泉 九品寺

019年9月15日
セゾンカード会員のツアーに参加
JR 長岡京駅 出発9時35分

長岡京駅集合だけれど、家からちょうど良いバスがなく、小畑川沿いを歩いて行った。40分かかった。

草津市 ナチュラル 工房 見学 75分 10時35分~

柿の葉寿司ヤマトへ 25分

お昼ご飯 柿の葉寿司と大和御膳。走行中の車内で、お弁当を食べた。
b0108282_13502605.jpg


九品寺 40分
曼珠沙華で真紅に染まるというのを楽しみにして行ったが咲いていず とっても残念だった。
b0108282_14000406.jpg

千体石仏を見に行く。
坂道 階段とだいぶ歩いて山道をどんどん上がっていった。
途中にもお地蔵さんが並んでいた。
b0108282_19580949.jpg
b0108282_13531081.jpg

洞川温泉 70分
近代建築でなく、古風な昔からある温泉って感じの建物。
b0108282_20170959.jpg
高い高い吉野杉木立に囲まれた露天風呂にゆつくりつかる。

龍泉寺へ
b0108282_20385721.jpg
b0108282_20451854.jpg
自由時間に ここは世界遺産、パワースポットなので、見に行こうと!! 集合時間に間に合うように 急いで行った。
この町の通りには旅館が立ち並び、大峰山の麓で、登山客が帰りに寄って帰る所のようだ。
b0108282_20443317.jpg
串に刺した焼きたてイワナが、売っていた。
b0108282_19541664.jpg
セゾン会員は無料。ご招待の夫は(5990円+消費税)は必要だった。


     ............................................................................

# by kumi-asama | 2019-09-20 20:47 | Comments(0)

ぶらっと京歩き 石清水八幡宮

2019年9月14日(土〕 晴
毎月第2土曜日は「ぶらっと京歩き」の日

京阪八幡駅集合 10時
ガイドの方が駅で待機されていた。

男山ケーブル
新しくリニューアルされたケーブル11時 に乗車。

「ケーブル車内の縦のポールがなんでこんなカープになってるのでしょうか。」
とガイドさんから質問があった。
答えーエジソンが発明した電球のフィラメントを形どったもの。
ケーブルの鉄塔の長さは日本一だそうだ。
フーン!
ガイドさんにケーブルに乗ってる間もいろいろ教えてもらった。
3分で頂上に着。
初詣で行った時は歩いて行ったので、30分ほどかかったが ケーブルに乗るとあっという間に着いた。
高良神社(こうら神社)
b0108282_13453708.jpg
安居橋(あんごばし)
b0108282_13544788.jpg
日本一の五輪塔
航海記念塔とも言われ高さ6Mにも及ぶ日本最大級の石造塔。重要文化財。
b0108282_13584192.jpg
石清水八幡宮(国宝)参拝
b0108282_12481541.jpg
あ うんの鳩
b0108282_12502993.jpg
神鳩
社殿の正面に八幡さんのお使いとされる神鳩。
「あ うん」 になってると聞いたが 説明されるまで判らず。
離れて見ているので、口元までよく判らなかったが写真を拡大すると、なるほど・・。

クスの木
楠木正成が必勝祈願参拝の際に奉納したとされる御神木。京都府指定天然記念物。
b0108282_13482807.jpg
目ぬきの猿
社殿の西門にある猿の彫刻「目貫の猿」
猿の彫刻が出来上がった時、出来が良すぎて 夜な夜な逃げ出すので、目に釘をさされた。
これも、遠く離れていたので、目に刺さっている釘は見えなかった。

瓦を使った土塀
瓦と土を幾重にも重ね銃撃や耐火、耐久性に優れもの。これは天正8年 織田信長寄進されたもので信長塀と言われている。
b0108282_11030751.jpg



本殿の前の参道が なぜ、斜めになってるのは?
b0108282_11063140.jpg
質問の答え
「お参りして人が帰る時に、神さまに背中を向けないよう、あえて参道を社殿正面から15度ほど斜めになっている。」
言われるまで、斜めになってるのに気が付かなかった。

一の石
かっては馳馬や競馬の出発点で「勝負石」と言われていた。お百度参りの地点でもある。
b0108282_11132540.jpg
エジソンの記念碑
エジソンの発明した電球には八幡の竹が使われた。
戦時中 敵国の碑 として撤去作用とした時、「発明に国境はない」とその当時の宮司さんは守り抜いた宮司さんは偉いなぁ~。
b0108282_11195135.jpg
展望台
男山山頂ケーブル駅近くの展望台から、桂川 木津川 宇治川の三川の向こう側に京都市内が広がり、比叡山や天王山の山並みが見渡せる絶景の展望台。
b0108282_11471500.jpg


鯖の棒鮨で有名な「朝日屋」で昼食。 」
b0108282_11434277.jpg

電車に乗る前に ういろのお店と走井餅老舗によってどちらも買って帰った。
b0108282_11465691.jpg
ガイドさんの案内があり、行った事のある石清水八幡宮だったけれど、本当にたくさんの見どころを教えてもらえた。
ありがとうございました。

お世話役の方へ
大変充実した一日で、大満足です!!
ガイドさんの予約や お食事処、名物の買い物の予約など 御世話していただきありがとうございました。




    /////////////////////////////////////////////////////////////



# by kumi-asama | 2019-09-17 13:38 | ブラっと京歩き | Comments(0)

今日は”ランチ” 映画 ”スイミング の3本立て

新海誠の映画「天気の子」を鑑賞
2019年9月9日(月)

暑い日が続き、クーラーなしでは寝られない日が続いている。
息子のお薦め映画「天気の子」を観に行こうかと夫。
映画が11時55分からなので、イオン桂川で映画を観に行った。そこの2階のレストラン洛西小路のお店に入ってお昼ご飯。
映画は原作・脚本・監督 新海誠の「天気の子」アニメーション映画。
b0108282_20583090.jpg

今年度興行収入120億円突破し今年度1位。
すごいなぁ~!!

新海誠監督の前作「君の名は」も観た。
2作連続興行収入100億円を越える作品を生み出し、トロント映画祭で上映され 世界中から注目されている。

映像の中で、雨ばかり降る異常気象が続く、今の現実の世界が描かれているような部分と、ファンタジックな場面が交差する。アニメーションだから表現できる壮大で美しく映像はすばらし夢の世界に魅かれる映画だった。
拳銃が出てくるのはいやだった。

夫の感想
晴れ女の主人公が人身御供になって、東京が晴れあがるというところで終わったら、日本昔話だ。
そこからは話がドラマティックに展開する。最後は元に戻るけれども、東京は水の下に沈んでしまう。
実はそれが元々の東京の姿なのだ。
落語の二段落ちだった。

フィットネスクラブ ピノスへ
映画を観た後、ピノスまで歩いて8分ほど。
とっても暑い日だったので、プールは最高!!
今 週1回 成人スイミングスクールに入っている。8月の終わりはクロールを200m完泳だった。これはクリアー出来たが、9月末は背泳100m完泳がスクールの課題。背泳スタートのバサロはうまくまで出来ず、鼻に水がいっぱい入るし、ストローク数(手のかき)25m 19回は まだ そんな数では泳げないし私の課題はいっぱい! 142.png
1時間半ほど泳ぎ ジャグジーにゆっくり入り、冷えた体を温め お風呂に入って帰った。
夫は水中ウオーキングを最近は熱心にやっている。

きょうはランチ・映画・スイミングの3本立て 102.png だった。


   *************************************************

# by kumi-asama | 2019-09-14 21:08 | 映画・演劇・落語・川柳 | Comments(2)

カルタ取り名人の話

8月31日(土)

Mさんから「カルタ取りの世界」を除いてみませんか。とお誘いがあり、アトリエ畔であったので出かけた。
b0108282_13535356.jpg
カルタを初めて70余年の中村節子(長岡京市在住)は、小さい頃、家族でお正月に百人一首をするのが恒例で、中学、高校で、百人一首のクラブに入っていた。学校の帰りに面倒見の良いTさん宅に何時もよってカルタをして帰っていた。

現在は小学校 中学校へカルタ取りのボランティアだに行かれている話などを聞いた。
ご自身で作られたカルタを見せてもらった。
b0108282_13512532.jpg
お話のあと最後に、テーブルに何枚かカルタを並べ 参加者でカルタ取り。中には 上の句が読まれるとすぐに、ぱっと取る方もおられた。
b0108282_13520677.jpg
カルタ取りの魅力にすっかりはまり、現在までこの趣味を持ち続けて来られた中村さんは 「もう歳だから・・・」なんて雰囲気は微塵もなく、生き生きされていて、お元気いっぱいで、たいへん魅力的だった。





         -----------------------------------------------------------------

# by kumi-asama | 2019-09-03 13:54 | その他 | Comments(0)

温泉と醒ヶ井の梅花藻

2019年8月28日(水〕

偶数月・第4水曜日は温泉サークルの日。
ニュースによると佐賀県や長崎では大雨で死者が出るほどの豪雨。大丈夫かな、と思いながら集合場所へ。
雨にも負けず、今回は27人の参加者だった。
マイクロバスは補助席も使って長岡京市を9時出発。

滋賀県・醒ヶ井 10時40分着
バスの降りしな 傘はいらないかなと思ったら、雨が降り出し傘をさして 地蔵川の梅花藻を見に行った。
梅花藻
地蔵川までバスで連れて行ってもらった。
b0108282_15481377.jpg
透明感のある美しい清流の地蔵川。
b0108282_15554868.jpg
地蔵川は米原市の醒ケ井駅より徒歩10分のところにある。梅花藻はは 水温が年間を通して14℃前後の清水に群生する多年草の水草。5月中旬〜9月頃にかけて梅の花に似た小さな花をつける。
花を拡大すると
b0108282_15573165.jpg
数年前に伊吹山に行った後 ここへ寄った時はもっとたくさんの梅花藻が咲いていて、もう少し花が大きかったように思う。見頃は7月下旬(梅雨明け頃)だそうだ。 川沿いに江戸時代から続く名物の醒ヶ井餅、名水で入れたコーヒーの喫茶店 お醤油屋さんなどが並んでいた。
川にはいろんな名前がついた橋が架かっていた。
元気で長生きできますようと長寿橋を渡った。
b0108282_16010087.jpg
1㎝ほどの白い小さな花が水面に浮かぶ可憐なさまは魅力的で、「ハリヨ」という体調4~5㎝のとげがある魚がこの川にはいるらしいが見えなかった。この淡水魚は滋賀県の一部の清流に限られるごく一部にしかいない貴重な魚で梅花藻はハリヨの産卵場所で、ここはハリヨ保護地区に指定されている。
パワースポット 醒ヶ井地蔵尊
b0108282_16403036.jpg
石像地蔵菩薩坐像
花崗岩を丸彫りした地蔵菩薩像 延命地蔵尊
b0108282_16143712.jpg
賀茂神社
地蔵川を上から眺めに夫はこの階段を上まで登って 
    
b0108282_16142222.jpg


湧水スポット 水汲み場
湧き水 手ですくって飲んでみた。冷たくて美味しい!!(水温10度)


12時20~13時20分
ローザンベリー多和田でバイキング
b0108282_16453312.jpg
b0108282_16482491.jpg
野菜も豊富、赤いこんにゃく、ココナッツミルクの入ったインドネシア風のカレーや黒糖のわらび餅、など沢山あり、大好きなデザートのプリンはお代わりしてしまった。
b0108282_16460098.jpg
デザート
b0108282_16462391.jpg
14時35分~14時55分
道の駅で買い物
何も買わんとこと思いながらお店の中へ。
でも熟成黒にんにくを見たら欲しくなり買ってしまった。

14時10分~15時30分
かんぼの宿 彦根千の松原温泉
b0108282_16504494.jpg
女湯は琵琶湖が一望出来る温泉で、ヨットが浮か、ぶびわ湖の景色を見ながら
天然温泉と伊吹薬草湯二つの湯船に浸かる。
b0108282_16505722.jpg
地蔵川の梅花藻を見る時は傘をさしての散策だったが、さほどきつい雨でもなく、清流沿い散策は雨のせいか観光客も少なく、静かで癒しの郷だった。
木彫美術館を楽しみに来たというTさんは この美術館が休館で入れなかって残念だったようだ。

幹事さんに感謝
限られた時間に、道の駅へ立ち寄り、地蔵川の梅花藻をゆっくりと眺め、琵琶湖を一望できる温泉に…とスケジュールを組んでもらい、楽しい旅をありがとうございました。




   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

# by kumi-asama | 2019-09-01 17:03 | 温泉 | Comments(0)

8月労演「アルジャーノンに花束を」を鑑賞


2019年8月25日(日)
今日の演劇会場の呉竹文化センターへ午後出掛ける。
劇団 昴が60年以上たっても、ベストセラー小説を舞台化。
この劇の「アルジャーノンに・・・」というのを もう何年も前にこの劇を観たようで、
題だけで思い出したが内容はすっかり忘れてしまっていた。
知的障害を持つチャーリーが主役。
ハツカネズミのアルジャ-ノンは開発研究実験で記憶力思考力が向上する。
b0108282_10331253.jpg

そういう手術をチャーリーは勧められ IQが185となる。手術は成功するが、問題がつぎつぎとおきて どうなるのか....? その展開がなかなか良く出来ていて、科学と人間の脳、人生って.....考えさせられる事が多く、最後にジーンときた。
主人公のチャーリーを演じた町屋圭祐さんの演技のうまさに感動し、幕が下りる時 大きな拍手を送った。

b0108282_10245670.jpg
夕飯は帰ってからすぐに食べられるように心づもりして出かけたが、夫と食べて帰えるのもいいなと四条河原町で阪急に乗る前にレストランへふら~~っと入った。

家族連れのお客さんが多く、それも日本語でない言葉が聞こえてくる。ちょっと外国に行ったみたいだった。



# by kumi-asama | 2019-08-26 10:36 | 映画・演劇・落語・川柳 | Comments(0)

100均でお買い物 大好き!!

100均でお買い物 大好き!!
8月5日(月)
台所で愛用していたキッチンタイマーが 時間がきても音が鳴らなくなってしまい 使えなくなった。
ロフトでねじ式のを買って まだそんなに使っていないのになぁ・・・。
タイマーがないと、パンの発酵や料理に不便なので、近くで手に入らないかなぁと思い、スーパーの100均に行ってみた。
電池を入れるデジタル式のがちょうど売っていた。
b0108282_15123421.jpg
あ~良かった。他になにかいいのは ないかなぁ~とお店の中をウロウロ・・・。
おもしろいのを見つけた。
あった あった!
b0108282_15204096.jpg
*半熟卵が簡単にして作れる。
*色が変わって卵のゆで加減が一目でわかる。
なんて書かれた《卵名人!エッグタイマー》が並んでいた。

買って帰り、お昼ご飯のおかずに ゆで卵を作るのに、さっそく使ってみた。

お鍋に卵と「卵名人 エッグタイマー」を入れて 火をつけた。
b0108282_15463571.jpg
茹で始めの色  
顔も エプロンも ネクタイも 色がはっきりついている。
              
だんだん時間がたってくると このエッグタイマーの(オレンジのエプロン)と(黄色い頭の部分)が白っぽくなってきた。
b0108282_22214047.jpg
半熟ならここで鍋を下せばOKだけれど、ゆで卵にしたかったので、もう少し火にかけておいた。
すると、(ネクタイのすぐ下の赤い固ゆでと書いた部分)が白っぽくなってきた。
b0108282_22123951.jpg
ゆで卵の出来上がり     

よし、これでゆで卵完成!
すぐに水をはったボールに卵を引き上げて冷ます。

この次は半熟卵を作ってみよ!

あ~面白い (*^_^*)

# by kumi-asama | 2019-08-10 15:29 | Comments(0)

暑中お見舞い申し上げます。

 8月7日(水)
暑中お見舞い申し上げます。
皆さん いかがお過ごしでしょうか。

毎日暑い日がつづき大変だ。
起きたら まず ご飯をたいて 二人分のおみそ汁がすぐに出来るように水300㏄と だしじゃこをお鍋に入れて 庭へ畑仕事に出る。
雨が降らないので雨水タンクの水がもうなくなってきた。

今朝の収穫
ナス プチトマト うまい菜 オクラ キューリ
b0108282_13102828.jpg
夫の味噌汁が出来上がっていた。
私「今日は何が入ってる味噌汁?」
夫「シメジとわかめの他にトマト入り!」
私「え~ トマトの味噌汁なんて よそでは食べたことないな。」

こういう具合で 毎朝 夫のオリジナル味噌汁が登場する朝ごはん。
b0108282_13114396.jpg
畑で採れたトマトやキュウリのおかず 冷ややっこには万願寺唐辛子と米麹の佃煮をのせ、オクラも取れたので納豆の上にのせる。

ぬか漬けも美味しい。
b0108282_13122500.jpg
 朝ご飯の後は 洗濯 パンを焼いたり 夕飯の食材を買いに行ったり・・・。
パンは毎日ではなく 気が向いたら 焼いている。
b0108282_13173199.jpg


 午後はフィットネスクラブ「ピノス」へ出かけている。クーラーの効いた館内でジムとストレッチを30分から40分。そのあとプールで泳いだり、水中ウオーキング ミストサウナ ジャグジーへ行ってリラックス。
ピノスに行って体を動かし、最後はお風呂に入って・・帰ってくる。という毎日を過ごしているのが極楽。(*^_^*)
聞くところによると 家にいるより イオンのスーパーに出かけ その中で過ごすのはクーラーで涼しいしという客層がう増えてて いっぱいらしい。
私はピノスでヨガやエアロのレッスンに入ったりしている方がやっぱりいいな (*^_^*)






# by kumi-asama | 2019-08-10 13:04 | Comments(0)

大山崎のレストランでランチ

7月27日(土) 午後から雨 台風接近

大山崎のレストラン「かんばやし」でMさんの歓迎会があった。大山崎までかんばやしの人が車で迎えに。
みんなで9人。
b0108282_11315757.jpg
焼きたてのふんわりしたマヨネーズパン 美味しかった。
b0108282_11321810.jpg

たくさんのご馳走が次々に出て、魚料理が肉料理か好きな方を選び その後 箱膳が出てきて、
「えっ間違いじゃないですか?」とMさん。
b0108282_11330040.jpg
あんまりたくさんのお料理なので、 違うグループの方も来られていたので ひょっとして間違いかとみんなも思った。
デザートのケーキもついていたし、食後のコーヒーつきで、なんと1820円だった。
b0108282_11332151.jpg
他のグループと違うお部屋だったし、私達だけで、ゆっくりおしゃべりも出来 ランチは美味しかったし、本当に良かった。
帰りは大山崎天王山駅に送ってもらい、西向日駅に着くと Fさんの旦那さんが車で待ってて下さって 家まで送っていただいた。雨降りだったので大助かりだった。

# by kumi-asama | 2019-08-07 13:29 | Comments(0)

自転車の出張修理

 2019年7月26日(金)

今週の始めに光明寺近くまで出かけ その帰りに自転車の異常に気づいた。
「あれっ おかしい!」と思い自転車から降りて 見ると チェーンがブラブラ下がっている。
こりゃ大変だ。
家まで押して帰らないといけない・・・。
暑い日で汗をダラダラかきながら自転車を押して帰った。
以前は近くに自転車屋さんがあったのに、今はない。
一番近いところでも、歩いて20分はかかる。

ずーっと前に出張修理いたいます という広告が入ってたけど そんなんは残してるかなぁと 見たけれど
捜しても電話帳ファイルに、はそんでいなかった。
自転車を車に積んで持って行こうか?
でも車に自転車を積み込むのには、重いのを持ち上げ のせんとあかん。
夫は関節が痛くそんな重いのは持ち上げられないし、私一人では無理やなぁ。

困ったなぁ~。

近くのバイク屋さんなら修理してくれるかもと電話してみた。
うちはバイク屋なので、自転車は無理です。あっさりと断られた。
長岡京市のお店の電話番号簿を開らいて見たり・・・。

パソコンで調べてみようと思い、調べて 一文橋のお店の(ポッポさん)に電話した。
「お客さんが買われたポッポさんに電話してみて下さい。電話番号は~~番です。」と親切な応対だった。
ポッポ自転車長岡京店にすぐに電話をした。
「うちで買ったものなら修理に行きます。」と すぐに着て修理してもらえた。
出張料は無料、修理代のみの支払いで、修理してもらえた。
大助かりだった。あ~助かった。

ポッポさんに修理依頼しようと思いつくまで、自転車を車に乗せて 持って行こうか?誰も手伝ってもらえないし、息子は勤務中 これは無理。医療生協の何でもお助け というのにお願いしようか?いろいろ悩んだ。パソコンからポッポさんの電話を調べ、出張修理OKというのにたどり着くまで 2時間ほどあれこれと悩んだ。パソコンは何でも知りたい情報が得られ、ほんとに助かる。
ありがたや ありがたや。



    -----------------------------

# by kumi-asama | 2019-08-03 10:44 | その他 | Comments(2)

きょうの私の一日

 2019年7月25日(木)

朝起きて、ご飯を炊いて、お鍋に味噌汁の出しじゃことワカメをいれ、すぐに作れるようにして、庭の畑仕事をしようと庭に出た。
雨がよく降ったので、草がよく生え、しばらく草引き。
トマト🍅、キュウリの支柱が倒れかかっているので、直す。
赤くなっているプチトマト、ナス、ピーマン  モロヘイヤの収穫。

b0108282_11323829.jpg
モロヘイヤ
b0108282_11335994.jpg
7時15分 あさドラの「おしん」とその後にある「なつぞら」を見るのを楽しみにしているので、時計を見て、間に合うように家に入った。
朝風呂から出た夫が、豆腐を入れて、味噌汁を作ってくれていた。
朝ごはんは豆腐とワカメの味噌汁、納豆、トマトと🍅きゅうりのサラダ、 デザートは東京の息子が送ってきてくれたフルーツ、自家製の甘酒は朝食と夕食にいつも飲んでいる。

午後は
フットネスクラブ ピノスへ。
毎週木曜日はスクールのある日で、今月は背泳のレッスン。
レッスンの始まる前と 後にも泳ぎ トータル1㌔泳いだ。
ピノスに12時40分に入り、スクールバスが5時25分に出るので、木曜日はたっぷりとジムとプールそれと、ルーシーダットン「千人体操」と言われる 柔軟性とリラックス効果のあるレッスンに入った。

夕方家に帰り 夕飯を作って 食べた後、もう眠くて・・・。
椅子に座ったまま ウトウト (私の得意技)(*^_^*) 気がつけば15分そのまま寝ていた。



# by kumi-asama | 2019-08-01 11:36 | その他 | Comments(0)

祇園祭 後祭り巡行の日

2019年7月24日(水〕
今日は35度という猛暑だった。
祇園祭り後祭の山鉾巡行の日だった。
お祭りに出る人は大変だったと思う。
雨が降らなかって良かった!!
 
右の写真は 京都新聞 24日の夕刊より
b0108282_16461433.jpg
今年は祇園祭を見に行けなかった。
1昨年行った時は 交差点で時間をかけて進行方向を変える辻回しは見ごたえを感じ 次の鉾が来るのを待って 繰り返し見た。
子どもの頃は浴衣を着て 出店でいろいろ買ってもらうのが楽しみだった。

今年は前祭りの日、テレビで見た。くじの順番通りに巡行しているかを確かめる「くじ改め」はなかなかいい場所で見るのはむつかしく見たことがないので 今度は見てみたい。
小さい小学生の子がその役をやっていて これをやるために足の運びも
扇子でひもを解くのも難しく 何回練習したんやろ 大役を果たすのに 緊張して 大変だったやろうなぁ~と一生懸命やっている姿を見ていて 涙が出てきた。

近畿地方 24日の今日 梅雨明けと発表があった。
平年より3日遅れだそうだ。

クーラーを今年は1度使った。でも掃除をしないといけないなぁ~。
梅干も天日干しをしないと・・・。 


    ************************************************** 

# by kumi-asama | 2019-07-26 16:48 | Comments(2)

奇術の祭典へ

奇術の祭典に

7月14日(日)
 2019年7月14日(日)
私達のマジックサークルの先生から所属されている関西奇術連合の「第46回 奇術の祭典」のお知らせをもらったので
サークルのメンバーの方と会場のテルサへ。
京都駅近くのイオンでお昼ご飯を食べて、テルサへ行った。
b0108282_12025764.jpg
先生はこの会の副会長で、受付におられ、黒のスーツ姿で、胸にリボンをつけておられた。
1時半開演
関西圏に所属するマジッククラブのアマチュアのメンバーが出演。
選び抜かれたマジシャン13人の技に「わー すごーい!!」と大きな拍手がおこる。

つぎつぎと傘が出てきたりなど、「えっ? どうなってんの!」と思うようなものばかりだった。
羽織、はかま姿で浪曲マジックをされたAさんの奇術は他の人とは違い、浪曲をいい声で歌いながらの演技で大変おもしろかった。
私たちが普段せんせいから教えてもらっているマジックは テーブルマジックで大掛かりなものとは違う。
この大舞台のマジックを演じる人の衣装もBGMもプロの人のようで、華やかで、見るのが楽しく、2時間のプログラムは夢のような世界で、あっという間に終った。
観客も舞台に出る人も私の年齢のような人が多かった。
テルサからの帰り道 京都駅まで一緒に行った人たちと、ワイワイ今日の〇○さんの演技面白かったねぇ~
など 歩きながら 盛り上がっていた。



# by kumi-asama | 2019-07-26 15:20 | 音楽・絵画・写真・マジック | Comments(0)

ブラっと京歩き 神秘に満ちた鞍馬寺へ

7月13日(土)
鞍馬寺へ
牛若丸(源義経)伝承の地であり、神秘に満ち、天狗伝説で有名な地に出掛けた。

出町柳駅に集合し、叡山電車に乗って鞍馬へ。
展望列車「きらら」には車窓が楽しめるよう 窓に向いて座席が工夫されていた。
b0108282_15521087.jpg
30分ほどで鞍馬駅に着。
真赤で大きくて長い長い鼻の天狗さんが駅に着くとお迎え。
この天狗さんの大きな鼻が昨年の大雪で折れた為、針金で補強されていた。
b0108282_12481487.jpg
本殿まで足に自信のある方は九十九折り(つづら折り)参道をどうぞ。不安のある方はケーブルカーを利用すると2分で多宝塔に到着します。と言われて、山道を歩けるかなぁ~と思ったが、せっかくだから歩くことにした。
この九十九折れの道は 清少納言が枕草子で「近うて遠きもの、くらまのつづら折りという道」と書いている。

山門-仁王門
b0108282_12500371.jpg

九十九折り参道
きれいに整備され、ゆるやかな傾斜の山道は心配することなく歩けた。
b0108282_12513608.jpg

由岐神社
現在は鞍馬の町の氏神さんで、元は鞍馬寺の鎮守社だった。
10月22日「鞍馬の火祭」はこの神社のお祭り。
鞍馬の火祭は有名だけれど行った事がない。一度行って見たい!!
b0108282_14145651.jpg
樹齢800年の大杉 標高53m 京都市天然記念物
b0108282_14203919.jpg

双福橋
b0108282_14321722.jpg
b0108282_14362180.jpg
石段が155段のあったが、高さがきつくなく、無事に本堂まで歩くことが出来てホッ!!
森林は、昨年の21号台風の被害により、大木が何本も倒れていた。

やっと本殿金堂に着いた
b0108282_14442837.jpg
b0108282_14485368.jpg
本堂金堂前より、比叡山が見えた。
b0108282_14475623.jpg
本殿に着くと、事前にお世話役のKさんが鞍馬寺の方に依頼してくださっていて その方が本堂と本堂の地下を案内して下さった。

本殿金堂に入り「手観音菩薩・毘沙門天王・護法王魔王像を「尊天」として崇め、お経を読むだけでなく、毎日をどう生きるかが大切。」
「鞍馬寺は千年の歴史の中で、幾多の困難を乗り越えてきた。人々の信仰を集め、山そのもが持つ不思議なエネルギーの持つ力が大きい。尊天とはすべての生命の生かし存在させる宇宙エネルギーです。」と三尊像の前で鞍馬寺の方がとっても詳しくお話をして下さった。

霊宝殿
地下に案内された。蝋燭の灯明りだけの薄暗い部屋は神秘的でひんやりしていた。
そこにはたくさんの壷が並べられていた。遺骨が安置されているのかと思ったら、信徒さんの清浄髪がお祀りされているようだ。
3階に国宝の毘沙門天・吉祥天・善爾師童子立像

パワースポット
金剛床の石畳の中央に六角形の六芒星がある。これが高野山の最強のパワースポット。
ここに立つと自分の心と、宇宙が一体化し、天からのエネルギーが得られるというので、夫も私もここに立って 手を合わせ拝礼祈願。
秋や桜のシーズンだと長い行列ができるらしい。
b0108282_15135398.jpg


お昼ご飯
雍州路ー鞍馬にある伝統的な精進料理のお店で昼食
b0108282_14521425.jpg
b0108282_14520474.jpg

食後はお勉強
京都検定の今年の3級の問題が「夏の京都」がテーマなので、京都の夏にちなんだ
過去問を勉強した。

お世話役の方へ
今回 本殿金堂の中に入らせてもらったり 霊宝殿では 手をかざした姿の毘沙門天三尊立像(国宝)のすぐ前で鞍馬寺の方のお話が聞けたこと本当に良かったと感謝しています。
ありがとうございました。
合掌。

****************************************















# by kumi-asama | 2019-07-21 15:37 | ブラっと京歩き | Comments(4)

重森三玲庭園美術館、RADOSTIコンサート

2019年7月7日(日)

京大近くの重森三玲美術館へTさん、夫、3人で出かけた。
重森三玲(みれい)は昭和を代表する庭園家、庭園研究家で生け花 茶道の研究家でも知られている。
少し前に松尾神社に行った時に重森三玲の手がけた庭を見て、今まで見たお寺の庭とは大違いで、現代風で、芸術的で感激した。
京都市内に「重森三玲美術館」があるとその時に聞いたので、行って見たくなり、その日家に帰って、予約を入れた。

京大正門前でバスを降り、吉田神社の前を右に曲がり、そこから2~3分のところにあった。
b0108282_15112327.jpg
昭和18年に吉田神社の宮司居宅を重森三玲が譲り受けた民家。
書院と小間の茶室は国の登録文化財。
b0108282_15123305.jpg
b0108282_15501094.jpg
石組とモダンな苔の地割りで構成された枯山水の庭園。
b0108282_15144278.jpg
b0108282_15221926.jpg
庭は市松模様のがあり、海岸線をイメージした石と苔で作庭され、どこにもない日本庭園をゆっくりと観賞することが出来た。
b0108282_15251197.jpg


b0108282_15204344.jpg



b0108282_15192556.jpg
b0108282_15282091.jpg
奥に茶室があり、そこの襖絵の斬新なデザインを目のあたりにして、重森三玲の芸術が一番表現されているように感じた。
b0108282_15304341.jpg
レストランへ

その後 夫の母校の京大の構内に入り、時計台記念館の中にあるフレンチレストラン「ラ・トゥール」へ行った。
b0108282_15315055.jpg
時計台記念館の前の大きな木に七夕飾りが・・。今日は七夕さんの日だった。こよりに弦された短冊じゃなくて 薄い木片にも願い事が書かれた短冊がぶら下げてあった。

b0108282_15410802.jpg
秋や春の行楽シーズンは予約を取らないといっぱいになるようだが、すぐに入れた。
レストランは静かで落ち着いていて、ホテルで食事をしてるかのようなレストランだった。
b0108282_15392961.jpg
b0108282_15394590.jpg
b0108282_15400283.jpg
b0108282_15402295.jpg
雰囲気もお味も良かって、また行きたくなるような感じの良いレストランだった。

午後は第10回RADOSTI(歓び)コンサートへ。
Nさんからコンサートの案内をいただいていたので、このコンサート会場が寺町にある「新島会館」だったので、京大から鴨川を渡り 荒神口から寺町へ。
私の卒業した鴨沂高校の前を通り、新島会館へ。


b0108282_16014300.jpg
10人の方のピアノ演奏やオペラ フィガロの結婚の曲やよく知っているアヴェマリア等の曲 オペラのある場面を歌うのに、御面をつけて歌われた男性に方もあり 楽しかった。
b0108282_15592550.jpg
帰りは寺町通りを歩いて、四条に。
b0108282_16035603.jpg
その途中「行願寺 通称皮堂」は蓮の花が有名なお寺で、まだまだこれからでつぼみが多かったがいろんな色のハスを見ることが出来た。
b0108282_16052178.jpg
b0108282_16041359.jpg
b0108282_16043434.jpg


大変 楽しい七夕さんの一日だった (^O^)

どうぞ夜は彦星さんとおり姫さんが天空で会えますように。


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






# by kumi-asama | 2019-07-19 15:51 | 音楽・絵画・写真・マジック | Comments(4)

映画「新聞記者」を観に

 2019年7月1日(月)
映画「新聞記者」桂川イオンシネマ 9時25分~の朝一番の映画を夫と観に行った。
フィクションではあるけれど、今の日本のマスメディア、政治の問題を映し出したような映画だった。
自分に正直に生きる難しさ、家族との繋がり、上司からの圧力‥等、最後のシーンまで目が離せないサスペンス映画だった。
御客の入りは 朝、早いのに、よく入っていた。

b0108282_21500420.jpg


家に帰ってお昼ごはんにするつもりだったけれど、阪急洛西口駅の高架下に新しくお店が何件か出来ているって聞いていたので入ってみたかった。夫とそこに行こうかとなった。

飲食店は何軒かあって、どこにしようか。
「巣箱」のお店が入りやすかったので、ランチを食べて帰った。




    *************************************************

# by kumi-asama | 2019-07-14 21:55 | Comments(2)

3人でcookinng かぼちゃの肉じゃが風

2019年6月30日(日)
TMK cooking
3人で御料理作り。3人の名前の頭文字を取って、TMK料理教室。

今日作ったのは5品。
・かぼちゃの肉じゃが風
・キュウリとちくわの酢味噌和え
・モロヘイヤと豆腐のあんかけ汁
・水無月
・マシュマロ ヨーグルト

レシピを見ながら作り方の説明をして 10時過ぎに作りだし、
12時には完成し、冷蔵庫に冷やしておいた水無月&マシュマロ ヨーグルトも並べた。 169.png
b0108282_21220026.jpg
デザートの水無月は牛乳パックを利用。
上新粉と小麦粉と砂糖を合わせたのを、牛乳パックに流す。
甘納豆がたっぷりのった美味しいのが出来上がった。
b0108282_21163068.jpg
b0108282_21165769.jpg



    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

# by kumi-asama | 2019-07-14 21:27 | TMKクッキング | Comments(0)

大阪池田の「久安寺」と温泉「不死王閣」へ

2019年6月24日(月)

偶数月の第4日曜日は「温泉いこう会の日」。
マイクロバスに乗って大阪の池田へ。
参加者は22名。
今日の行程は大阪の池田にある、花の寺「久安寺」・温泉「不死王閣」。

<久安寺>
b0108282_18010279.jpg
ここのお寺の四つのみどころについて マイクロバス車内で、世話人のKさんから話があった。
・国の重要文化財 楼門
・紫陽花
・涅槃像
・庭「虚空園」

関西花の寺12番目の寺で、丁度あじさいが見頃だった。
温泉サークルは偶数月の第4週と決まっているので、行先の花が丁度見頃の時期とは限らず はずれの時もあるが、今回はちょうど紫陽花が見頃だった。
このお寺は別名「紫陽花寺」と言われるほどで、紫陽花の数は10種類5000株もあるようで、どこにも紫陽花が咲いていた。
b0108282_18094879.jpg
b0108282_17542067.jpg
池に浮かぶ紫陽花に感動。
b0108282_16422021.jpg
行基菩薩 
b0108282_18220492.jpg
脇にあったかわいいお地蔵さん
b0108282_18185729.jpg

舎利殿涅槃堂
b0108282_16441752.jpg
舎利殿の中に入ると大きな涅槃像があった。
b0108282_16460007.jpg
b0108282_17003262.jpg
本堂につながる回廊。
ここから眺める紅葉がすばらしいようだ。秋にまた来たいな。
b0108282_08115734.jpg
本堂前に広がるバン字池
b0108282_17521530.jpg
ナツツバキ
b0108282_16453900.jpg
カシワバ紫陽花
b0108282_18162033.jpg
ジュラシックツリー 
b0108282_18134091.jpg
世界最古の種子植物。これまで最古とされてきたメタセコイアより古く、
約1億5千万年~2億年前の現存する希少種。1994年にオーストリアで発見された。2004年オーストラリアから寄贈された。

<温泉「不死大
王閣」>
久安寺から5分で到着。
b0108282_17563753.jpg
不死王閣で昼食
b0108282_17572394.jpg
b0108282_17573159.jpg
自然に囲まれた露天風呂は寝湯もあり、天然ラジウム温泉に浸かり、よく手入れされた庭園を眺めながらの至福のひと時を過ごすことが出来た。

今回 お食事も温泉も大変良かった。169.png

世話人の方に感謝。 ありがとうございました (*^_^*)




   ******************************************



# by kumi-asama | 2019-07-09 13:08 | 温泉 | Comments(0)

クルミの入った米パン作ったよ

 2019年6月25日(火)

朝 目が覚めてすぐにキッチンへ。
きょうのお昼はパンを焼こう!
お米パンの材料は 塩 砂糖 イースト バター グルテン
米パンはお米をミルするのに時間が入り4時間ほどかかる。
b0108282_20440866.jpg
丁度お11時半頃に出来上がり、夫とお昼ご飯にできたてのパンを食べた。



       ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


# by kumi-asama | 2019-07-07 20:44 | 料理 | Comments(0)

絵本作家 ひろかわさえ子さんのトーク・サイン会へ


2019年6月24日(月)
ひろかわさんの講演があるので、10時から向日駅近くのワンダーランド(絵本喫茶)に行った。

ひろかわさんの話しは13年前にやっぱりここの場所で講演があり、聞きに行き、ひろかわさんの絵本が大好きになり、「ぷくちゃんシリリーズ」を何冊も買った。そして 保育所に勤めていたので 子供たちに子の絵本を読んだり、絵本に出てくるぷくちゃんの人形を作って 演じたりした。
今日は それで そのお人形のぷくちゃんを抱っこして お話を聞きに行った。
b0108282_14285889.jpg
ひろかわさんも覚えていてくださった。
b0108282_14143249.jpg
今回はお話と同事に絵本作家60人の「戦争なんか大きらい!」の原画が壁一面に飾られていた。
b0108282_14144719.jpg
b0108282_14245912.jpg
講演が終わった後、ひろかわさんの「たっちだいすき」という絵本を買って サインをしてもらった。
b0108282_14202382.jpg
午後 すぐに出かける用事があるので、大急ぎで帰った。
原画は15日まであるので、もう一度ゆっくり見にいきたい。 






  *************************************************************

# by kumi-asama | 2019-07-06 14:21 | その他 | Comments(0)

大阪の国立劇場・ 文楽若手会 観劇

 6月23日(日)
Yさんの甥ごさんが、文楽に出演されるのて、お誘いがあり、7人で大阪の国立文楽劇場ヘ
出掛けた。
1時30分開演なので、駅の地下街でお昼ごはんを済ませ、劇場へ。
b0108282_21233920.jpg
国立文楽劇場は立派な大きな劇場
着物を来ているのは女の人だけでなく男の人も結構見かけた。
日本の古典芸能の観賞には着物が似合ってるし、私もお出かけの時は着ていきたいなぁと思うけれど電車に乗っていくとなるとたいへんやなぁ~と思ってしまう。
b0108282_21242342.jpg
きょうの演目は
「義経千本桜」
「妹背山女庭訓」
b0108282_13435906.jpg
文楽を鑑賞するのは初めてなのでワクワク。
演劇なら舞台で俳優が声も動きもするが、文楽は三味線に合わせ、太夫が声をだし 人形遣いが人形を動かし、3者が一体となって演じるというのも初めて観た。
人形遣いは一つの人形を3人で操鶴。目の動き 顔の表情 首の動かし方 手の動き まるで人形が生きてるようだった。
2003年にはユネスコの無形文化遺産に登録された。
b0108282_13435414.jpg
太夫の語りは現代用語ではないので、字幕が舞台の下に出てくる。
それを読んでいたら人形の動きがみれない。
予備知識がないまま行ったので、理解できない言葉もあり、何度か見ないと
すぐには判りづらかった。

(Yさんへ)
声をかけていただき こういう機会を作ってもらって Yさんに感謝 (*^_^*)
是非次回もよろしくお願いします。


    *************************************************************

# by kumi-asama | 2019-07-06 13:44 | 映画・演劇・落語・川柳 | Comments(0)

どくだみのお茶作り

2019年6月19日(水)
庭は今どくだみの花盛り。
b0108282_16045048.jpg
触るとあんまりいい匂いではないのて、嫌う人が多い。
庭にどんどんどくだみは増え、きようは、
どくだみお茶をつくる為、夫にどくだみを刈ってもらつた。
大きな竹ざる二つがいっぱいになった。
b0108282_16070102.jpg
柿の葉も今の時期のがいいと聞いて、柿の葉も干した。
b0108282_16073880.jpg
どちらも無農薬、健康に良い 安心のお茶が出来る。

どくだみ茶の効用

昔からドクダミは{十薬」と言われ万能阿薬草と重宝されてきた。
.毛細血管を丈夫にし、血行を良くする。
.利尿作用があり、老廃物を排出し、新陳代謝を高める。解毒作用がある。
.弱った胃腸の働きを整える整腸作用がある。
.冷え性.体質改善.美肌、吹き出物、老化防止、心臓病や高血圧、動脈硬化を予防.鼻炎、花粉症‥様々な効能があるとされている。

1年分用意するのに、もう一回どくだみと柿の葉を採らないといけない。洗った葉っぱをカラカラになるまで乾燥させるのに1週間はかかる。
ビワの葉も良さそうなので、ビワの葉も次は干さなくっちゃ。
つぎつぎとやることが出てきて本当に忙しい (*^_^*)


   -----------------------------------------------------------------------


# by kumi-asama | 2019-06-29 16:11 | 健康 | Comments(0)

初夏の茅葺コンサート

 2019年6月9日(日)

友人のNaさんが2ヶ月ほど前に、カズコ・ザイラーさんの「茅葺コンサート」のチケットを予約してくれた。
Niさんと京都駅で待ち合わせ、JR 胡麻駅へ向かった。
京都駅から1時間ちょっとで、胡麻駅に着。
ふだんは胡麻駅に止らない特急が、この日は止るという、大イベント すごいなぁ~!
ここで待っててくれたTちやんと合流し、Tちやんの車に乗せてもらい。茅葺コンサート会場へ。
b0108282_18295586.jpg
b0108282_18304939.jpg
もう すでに たくさんのお客さんが来ていて、椅子席は空いていないので、
座布団席になった。
この古民家は福井県の禅寺から 築200年以上の旧本堂を移築したものらしい。
太い梁や柱に歴史を感じる。
2階席、3階席にもお客さんがぎっしり!!
b0108282_18331311.jpg
今年でこのコンサートは、夫のエルストさんと始められて30年。エルストさんは2年前亡くなりカズコさんはその後も演奏活動をつづけ、「今回は400回目で、亡き夫の誕生日でもあります。」と挨拶された。
b0108282_18350520.jpg
チェロ奏者フィッツ・コンスタイティンさん、ヴァイオリン奏者グレゴリー・アースさんの二人を招いての協演は素晴らしかった。
b0108282_18253036.jpg
演奏の後 拍手が鳴りやまず アンコール「♪夢の後に」「♪月曜日は空いていない」の二曲が披露された。

休憩時間にはカズコさんのお手製のケーキを。終演後には地元産のお米で作ったおにぎりが参加者に配られた。お腹が空いていたので、この手づくりのお握りがとっても美味しかった。

終わった後に、胡麻にセカンドハウスを持っている友人が車で迎えに来てくれて イタリアンのお店へ直行。
b0108282_18360880.jpg
その友人の家にもお邪魔した。

手を伸ばせば、自生している桑の木があり、たくさん実をつけていた。
b0108282_18371574.jpg
ジャムにすると美味しいよ!と言われ、両手のひらに乗るくらいの桑の実をもらて帰った。
夫は桑の実を口に入れ 「なつかしいな~(*^_^*)」と言って、喜んで食べていた。
私は初めての体験。
早速、ジャムにしてみることにした。
小さな桑の実のへたをとらないといけない。それが手間がいって大変!
でも こういう作業は大好きだ。
お砂糖を入れて お鍋でぐつぐつ 細火で焦げないように煮詰めて出来上がった。

Naさんへ
チケットの事から お昼のレストランの予約、御主人にもお世話になり、ほんとうにお世話をおかけしました。

素晴らしい1日でした。ありがとうございました。




     *************************************************************

# by kumi-asama | 2019-06-23 22:33 | 音楽・絵画・写真・マジック | Comments(0)

西国街道ウオーク4回目(軍行橋~

 5月5日(日)

9:30 JR北伊丹駅を今日は5人でスタート。
駅前にある公園のつつじがきれい!!
b0108282_20072514.jpg
調子よければ、終着の西宮神社まで歩けたら打ち上げやね。と言いながら前回の続きのところから歩き出した。頭の上をゴ~~と飛行機の飛ぶ音がする。
この音がしょっ中だから大変だなぁ~。

こういう道標が時々立っているのはありがたい。
b0108282_20093812.jpg

多田街道でひと休み。

b0108282_20112598.jpg
大鹿(おおが)
b0108282_20231430.jpg
b0108282_20241404.jpg
11:06
b0108282_20501482.jpg
街道筋にはその当時の家は少ないが時々立派な家が残っている。

千僧(せんぞ)
髭の渡し
  昔 街道沿いの村に髭を生やした老人が営む茶屋があった事から髭の渡しとなったようだ。

b0108282_22204312.jpg
大きな川だった。
b0108282_22274528.jpg
b0108282_22282629.jpg
もう少し歩けば最終目的地の西ノ宮に着くのだけれど 夫の体の事もあり、無理をせず次回につなげることになり、喫茶店へ。
「お疲れん!カンパーイ!」
b0108282_22285917.jpg
阪急門戸厄神で電車に乗って帰る。
b0108282_22294236.jpg

好天気で、雨の心配の無一日だつた。



           -----------------------------------------------------------------------------

# by kumi-asama | 2019-06-23 22:30 | Comments(0)

ぶらっと京歩き 松尾神社・月読神社 

2019年6月8日(土)

昨日は一日中雨☂️だつた。しばらく雨が降ってなかったので庭の植木も野菜の苗にも恵みの嬉しい雨だつた。

今日は松尾神社10時集合なので、ゆっくり朝ごはんを食べ、TV「おしん」と「なつそら」を見て、洗濯物を干し、庭の畑に小松菜の種を蒔いた後の様子を見、きゅうりの支柱も立て、、、いろいろ出発までにできた。

松尾神社へ
神社の方のお話を聞き、境内を案内してもらった。
ここはお酒の神さまで 鳥居のそばに石で作った徳利があった。
b0108282_15252739.jpg
鳥居に下がってるのは榊。
b0108282_15264977.jpg
お話を聞いてなかったら、鳥居をくぐっても気がつかなかったと思う。これは けがれを払うようだ。

松尾神社は京都最古の神社。五世紀の頃 朝鮮から渡ってきた秦氏がこの地に移住し、開拓し、河川を治め 農産 林業を興した。
川の氾濫に防がれ 山の上の方で生活していた人達も、降りてきて生活出来るようになつた など歴史の話を聞くことが出来た。
本殿
御祈祷受ける
b0108282_15321859.jpg
神酒を盃に入れてもらい、その後、金屏風のお部屋でお茶をいただきながらお話を聞いた。
b0108282_15453782.jpg
曲水の庭
b0108282_15484791.jpg
b0108282_15503556.jpg
松風苑には、上古の庭 蓬莱の庭 曲水の庭と3つあり 庭園学者の重森三玲が1年かけて作った現代最高の芸術作品と言われている。
蓬莱の庭
b0108282_16022428.jpg
お昼は「グラン プリエ」でイタリアン。
室内は高い吹き抜けの天井で、白が基調でまた行きたいなぁ~という素敵なお店だった。
b0108282_16123675.jpg
b0108282_16072964.jpg
私はスープとバニーニ 夫はスープとエビトホタテ貝のクリームソースを注文
 
b0108282_16095159.jpg
デザートのガトーショコラも美味しかった。

b0108282_16113772.jpg
テーブルにはマカロンが置かれていた。。
b0108282_16162876.jpg
午後 月読神社へ
この神社は松尾大社より古く、航海安全の神さま。祭神の月読尊は壱岐氏が務めた。今は安産の神さまとして慕われ、本殿に向かって右にある月延石は安産石の名で知られている。
b0108282_16242125.jpg
b0108282_16185956.jpg
b0108282_16195454.jpg
b0108282_16201846.jpg
b0108282_16202837.jpg
普通、神社の参拝といえば 料金を払いぐるっと一回りして終りだが、今回は松尾大社の宮司さんが神社内を詳しく案内してくれ、その歴史が良く解った。月読み神社の方はわざわざ松尾の方から出張して説明してもらって、とてもありがたかった。



# by kumi-asama | 2019-06-14 15:13 | ブラっと京歩き | Comments(0)

四日市へ(御在所岳 伊賀上野城)

 2019年5月31日 曇り

朝 四日市の息子から、バスの到着時間に合わせて向かいに行くし、その後お昼ご飯をレストランで食べて、午後御在所岳に行って、、、次の日は、、、と 二日間の行程を詳しく電話してきてくれた。
9時 京都駅高速バス四日市行き乗り場よりバスに乗車
10時45分 近鉄四日市着 息子が待っていてくれた。息子の車で移動。

11時半 焼肉ミートレストラン「幸」で、焼肉。
b0108282_05504298.jpg
b0108282_05513428.jpg
b0108282_05573782.jpg

ここは精肉店を経営していて、カウンター越しに、肉を切っているのが 見える。

御在所岳へ
ロープウェイで、上がる。一人2400円  わあー高い。

ゴンドラから眼下にそびえる巨岩 巨石
b0108282_06200610.jpg

日本一の白鉄塔を眺めながら山上公園へ 乗車時間15分。
b0108282_06164233.jpg


日本で初めてのロープウエイ。ロープウエイの発祥地なんだって。
ルミエールゴンドラに、乗ることが出来た。4台に1台の割合でロープウエイの床に
窓ガラスがついていて 真下の景色が眺められるようになっていた。
わーい こんなの乗ったん初めて 169.png

白鉄塔は61m、日本の中で一番高い鉄塔!!
b0108282_06180403.jpg
山上から、御在所岳の頂上まで、リフトに乗らず歩いて登った。20分。
息子が杖を用意してくれていて、大変助かった。

b0108282_06232714.jpg
御在所岳頂上 1212m
b0108282_06465792.jpg
こんな山に登るのは ほんとに ひさしぶり。
夫はリュウマチで膝が痛くなり 私は変形性膝関節炎になり、山は二人ともいけなくなってしまい、久しい。
日本200名山のひとつである御在所岳に登れて 感激!!
b0108282_06220710.jpg
展望台からの眺めは絶景!!
b0108282_08004825.jpg
頂上からの下りはリフトに乗って、山上公園まで降りた。息子はリフトに乗らず、走って下りて行った。
b0108282_08245057.jpg
ロープウエイに乗ろうと思ったら、ロープウェイ乗り場は長蛇の列。どうもなにかあったみたいで、「ただいま点検をしているため しばらくお待ちください。」と表示。

待っていると列が少しずつ動き出した。
ロープウェイは一台に10人ずつ乗れるので、列が動き出すと早く順番が来た。
ロープウェイから降りしな、係の人から箱入りの洋菓子がお詫びの印にと配られた。

途中で止まったりなどのトラブルがなくて下山できて良かった。

アクアイグニスの温泉 片岡温泉へ連れて行ってもらった。
b0108282_09581780.jpg
ここの温泉は加水 加温 循環一切なしの100%かけ流しの天然温泉。柔らかなお湯でアルカリ性の美人の湯 いい温泉だった。
アクアイグニスは誰が設計したのかなぁ~。
センスが良くて おしゃれ。
                 内風呂から窓越しの竹林。絵のようだ!!
b0108282_10001747.jpeg
 
そこの畑で作っている採りたて苺🍓が売っていたのでそれを買って水ぎわのベンツに腰かけて食べた。
b0108282_10044250.jpg
b0108282_09574031.jpg
6時前 ホテルに着
7時過ぎに鮮魚が美味しいというお店ヘ入る。
b0108282_10122083.jpg
握り寿司 鯵のさしみ 帆立 シーフードサラダ ・・・注文
b0108282_10100727.jpg
b0108282_10101822.jpg
b0108282_10104533.jpg
b0108282_10111206.jpg
もう1軒 クラフトビールのおみせへ
b0108282_10154344.jpg
息子はここのお店の酵母にホップの香りをまとわせたクラフトビール「ねこにひき」がお気に入り!!
b0108282_10235953.jpg
今日は四日市で有名なコンサートがあり、泊まりたいホテルが取れなかった。
近鉄四日市駅前の「東横INN」に宿泊。

2日目
6月1日(土)
ビジネスホテルは街道歩きの時に利用したこともあり、安価でコンパクトな部屋。
狭いけれども、部屋の中はとっても使いやすくなっていて、夕食を食べに行くのには駅近くなのでいろんなお店に行きやすい。

ホテルの朝食はおばんざい風で 味も良く美味しかった。
b0108282_10394996.jpg
ガラス越しに まかないの人が料理を作っているのが見えて、手作りの作り立てというのが判った。

9時 息子の車に乗せてもらい伊賀上野城へ
b0108282_10434940.jpg
伊賀上野は芭蕉の生誕の地
芭蕉記念館へ
b0108282_10464532.jpg
 芭蕉の句
古池やかはづ飛込水の音
はるばる来ぬる旅をしぞ思ふ
杜若(かきつばた)われに発句のおもひあり
                       玄関先に咲いていた杜若
b0108282_11010513.jpg
伊賀上野城
現在の天守閣は 当地の代議士川崎克が私財を投じて建てた。1935年
b0108282_11064520.jpg

お城の中へ
                    唐冠形兜
b0108282_11115113.jpg
俳聖殿
旅姿の芭蕉を建築で表現した、日本でも類のない建物。日本建築史上類のない傑作。
芭蕉の生誕300年を記念して建設された。
丸い屋根は芭蕉の旅傘 八角形のひさしは蓑と衣装 堂は脚部 回廊の柱は杖と足を表している。

b0108282_11180315.jpg
日本一の高石垣
高さ30mの石垣は大阪城と並んで日本一、二の高さを誇っている。
b0108282_11215820.jpg
帰り道 こんな駅があった。
b0108282_11444014.jpg
お昼ご飯は「うどん屋池澤湯」へ
「霜が暮れ黒米練り込みうどん」を食べた。
材料は 甲賀さんの黒影米が練り込んである。 もち米なので麺がむちっとしていた。
スープは伊賀産の立岡牛乳が入っているので白っぽい。
銭湯が営むうどん屋さんで、お風呂やさんのように人が集まる場所になればと、名がついたようだ。
b0108282_11584142.jpg
 
近鉄の駅近くで喫茶店「コメダコーヒー」に入った。
私はソフトクリーム・夫と息子はコーヒー
b0108282_11475110.jpg
帰りのバス時間(16時発)に間に合うように近鉄百貨店まで送ってくれた。

この二日間雨が降りそうだったが大丈夫でよかった!
息子に車で案内してもらい、いろいろ連れて行ったもらって、充実した二日間だった。

大風が吹いたり 雨がきつい時はケーブルカーは運行できないが今日は動いていて良かった。
北海道の大雪山に数年前に行き その後は山にすっかりご無沙汰していた。
息子のおかげで、頂上から大自然のパノラマを満喫でき、夫も私も大満足(*^_^*)

感謝 感謝。






       ----------------------------------------------------------------------




# by kumi-asama | 2019-06-12 20:44 | 旅・散策 | Comments(0)

キッチンTARO寄席

2019年5月24日(金)

キッチンTARO寄席

向日市にあるお食事処 「キッチンTARO」の落語を夜、夫と聞きに行った。
このキッチンTARO寄席は平成11年から始まったようだ。
初めの頃から行っていて、その頃は桂とんぼだった。今は桂米紫と改名。
b0108282_08235185.jpg
出演
 桂米紫
 笑福亭鶴太 

初めに笑福亭鶴太「犬の目」
次に桂米紫
まくらで、面白い話が合った。
落語家は何人いると思いますか? 上方の落語家は280人 東京は900人
僧侶は35万人 (へ~そんなにいるの)
弁護士は35000人   
国会議員 720人
ま~いろんな職業の人数の話しから、外国には落語家はいない。
だから世界で落語家は約1200人、 
上方落語はたった280人、その中の一人なんです。
 
地方の言葉で九州諫早では ハイ→ナイ という
お店できつねうどんを注文すると「ない」
それで丼を注文すると「ない」
仕方なくお寿司を注文すると「ない」
しばらくしたら うどん 丼 お寿司が全部運ばれてきた!!

小噺を聞いて大笑い (*^_^*)
鶴太の犬の目は聞いたことが有ったが、「勘定板」「佐々木裁き」は初めて聞く落語だった。
米紫の落語を目の前で演じるのが見られ ほんとに嬉しい。
会場はホールと違って 30人位のお客さんで満杯になるようなところなんで
みんなが笑って 笑って ・・・熱気ムンムンとなった。
b0108282_09265198.jpg
       お店の前で にっこりの米紫さん

帰りに果物のお土産をもらい『よー笑ったね。あ~面白かった!!」と家まで夫と楽しかった落語の話をしながら歩いて帰った。
おかげでその夜はぐっすり眠れた。
また この落語があるのを楽しみにしている。


    104.png     101.png    104.png   110.png    105.png

# by kumi-asama | 2019-06-06 09:55 | 映画・演劇・落語・川柳 | Comments(0)

採り立て野菜をいただき感謝

5月26日(日)
昨年の10月に大原野に借りていた畑をやめたので、家の庭の畑にいろいろ植えている。
なす トマト ミニトマト キュウリ パセリ ピーマン 万願寺唐辛子 ・・・
実がなり食べられるようになるのはもう少し後になるので、今は畑にあるので食べられるのはネギだけ。

Aさんからレタス 玉ねぎ ほうれんそう ねぎ などビニール袋にどっさり持って来てもらい大助かり。
Yさんからはエンドウ 紫玉ねぎ
Nさんからはエンドウ
Yさんからは玉ねぎ

採り立ての野菜をいただいた。
それらを使って 紫玉ねぎのサラダ 豆ごはん 新玉ねぎと肉の炒め物・・等など料理をし、新鮮野菜を毎日いただき感謝しながら食べている。
今は作ってないから こういう自分で作ってられるのをいただくと本当に嬉しい。
いいお友達に恵まれ 本当に感謝 感謝。

# by kumi-asama | 2019-06-06 09:53 | 畑・花 | Comments(0)

羽合温泉一泊の旅

 5月20日(月)

友人と2006年から続いている4人の旅は今回で18回目。

1日目
8時50分 京都駅ー「スーパーはくと」に乗り倉吉に向う。
12時30分 倉吉駅着

倉敷白壁土蔵群の町へ
12時40分 「洋食屋あかね屋」で昼食
b0108282_15123549.jpg
赤瓦1号館など玉川沿いのお店をブラブラ覗きながら散策。
このあたりは倉吉独特の街並で、外壁は腰回りが杉焼き板で、上の方が漆喰壁で統一されている。
それどれの土蔵の戸口にはゆるやかな反りをもつ一枚石の石橋が架けられていて独特の景観で風情があった。
4人はあっちのお店、こっちのお店と寄り、スムージーのジュースを目の前で作ってくれるお店に立ち寄ったりして 町歩きを楽しんだ。
b0108282_15574580.jpg

倉吉淀屋---市指定有形文化財
倉吉市に残る最古の町屋建物。
b0108282_15251466.jpg

b0108282_15263338.jpg
豊田家住宅---国登録有形文化財
b0108282_15311154.jpg
b0108282_15473600.jpg
弁天参道
b0108282_15495153.jpg
大蓮寺
b0108282_15540465.jpg
倉吉の郷土玩具「鉾田人形工房」
江戸時代から伝わる張り子のはこた人形などの郷土玩具を製造販売をしている。
b0108282_15590923.jpg
桑田醤油醸造場 明治10年創業の老舗醤油屋 しょうゆアイスが売っていた。
b0108282_16073010.jpg
b0108282_16101643.jpg
 


17時 望湖楼「羽合温泉」へ
b0108282_16132114.jpg
b0108282_16134569.jpg
すぐに温泉へ
東郷湖に浮かぶ露天風呂に続く朱色の桟橋を渡って、湖上露天風呂へ。
b0108282_16475234.jpg

全国でもこのホテル望湖楼にしかない湖に浮かぶ露天風呂に入りに行った。
b0108282_17081308.jpg
湖上温泉  なんと女性風呂は今日はバラの温泉。湖畔の風景を眺めながら
 ゆっくり浸かって、バラを両手のひらにのせ
お姫様気分
  あ~幸せ (*^_^*)
b0108282_17070503.jpg
ホテルのHP の写真より    


お風呂に入る前にもらった人数分の卵を温泉につけておき、お風呂から出たころに出来上がってるのをもらっていく。

b0108282_16532670.jpg


夕食は個室でゆっくりお食事。地産地消にこだわった新鮮な食材、最高のおもてなし料理が運ばれてきた。まずは4人で「カンパーイ!!」 
活あわび姿焼き かに寿司 鳥取県産の「きぬむすめ」
マーブルポークと砂丘長いもの冷製春巻き
鳥取和牛のしゃぶしゃぶ ステーキ 大山鶏 お刺身 自然豊かな鳥取のこだわり
食材が調理されていた。食べきれないほどだった。
                                 
b0108282_15491170.jpg
b0108282_15492647.jpg
寝る前に温泉大浴場へ
今年2019年4月にリニューアルされたばかり。
露天風呂は水の流れるガラスの壁があり、上から水が流れ落ちていた。水のレースがかかったような感じ。
東郷湖の小波をイメージさせるガラス面と水音がリラックス効果を高める工夫がされていた。
加水 加温なしの源泉かけ流し100%の温泉に浸かり 幸せモードがスイッチON となり、副交感神経が優位となり お布団に入るとすぐに熟睡。

二日目

5月21日(火〕

朝食 バイキング
銀ひらすの味噌づけ あごのカツなど魚料理など50種類の御料理が並び、中でも東郷湖の鬼しじみの大粒の味噌汁は美味しかった。

朝食会場は大広間 夕食は個室だったので、よく判らなかったけれど、こんなたくさんのお客さんが・・と思う程だった。でも館内は広く 温泉でも、混みあう事はなく 静かでゆっくりくつろげた。

9時 望湖楼発 倉吉駅へ~タクシーで移動

中国庭園 燕趙園」へ
燕趙園(えんちょうえん)ー鳥取県と中国河北省の友好のシンボルとして、平成7年にたてられた。

中国雑技公演がすでに始まってるので急いで見に行った。
b0108282_16350690.jpg
b0108282_16360019.jpg
まるで中国に来てるよような景色。
b0108282_16381478.jpg
b0108282_16410779.jpg
b0108282_16424187.jpg
b0108282_16425209.jpg
昼食「豊味園」で、中華バイキング
b0108282_16440956.jpg
その後湖畔をしばらく散策。

私たちがあるいている向かいに、私たちが泊まったホテルの望湖楼が見えた。
b0108282_16443877.jpg
湖岸に足湯や温泉スタンドや、温泉卵を自分で作るとこもあった。
b0108282_16465928.jpg
b0108282_16475175.jpg
b0108282_16481598.jpg
「布袋の足湯」のところで。タクシーに乗って倉吉駅へもどる。

<今回の旅で良かったこと>

天気予報では1日目90% 2日目100%雨となっていたので雨を覚悟して、出掛けた。
でもなんと2日とも良い天気で、2日目の朝、夫にiPadで、話したら京都は小雨模様と言っていた。
ニュースで 東海 関東甲信は大雨で、列車が止まっている等 激しい雨の様子が
テレビで映っていた。
私達は なんと晴れ女で 幸せなんでしょう!!  (*^_^*) 

こちらは部屋の窓から 陽の光で、東郷湖の湖面が、きらきら輝いていた。
b0108282_16523462.jpg
   部屋からの東郷湖が目のまえに         

ホテルは昭和6年開業だけれどリニューアルされ施設は大変気持ちの良いきれいなとこだった。
夕食のハマグリ、鳥取和牛のシヤプシヤプなど、食事が新鮮で美味しく、個室で夕食は最高だった
!!
源泉かけ流しの温泉と湖に浮かぶ湖上温泉、色とりどりの薔薇のお風呂にも浸かれたのも嬉しかった。
お部屋は角部屋で、10人位泊まれるような広い部屋で、大きな窓からの東郷湖のロケーションは素晴らしく、ゆっくりと過ごすことが出来た。
4人のお友達と13年間続いている18回目の旅は 日本のハワイ そして中国の景色も味わうことが出来て、大変いい二日間の旅だった。

今回の御世話役のMさんお疲れ様でした。いろいろとありがとうございました。




   -------------------------------------------------------------


# by kumi-asama | 2019-06-04 17:20 | 旅・散策 | Comments(0)

ブラッと京歩き 万葉集ゆかりの地-奈良へ 

2019年5月11日(土)
朝から20℃もある。暑くなりそう。
昨日 庭の畑に、野菜の苗を植えたので、朝ごはんの後 大きくなってねと水やりをした。
毎月第2土曜日は ブラっと京歩きの日。
いつもは京都を巡っているが今回は新元号「令和」にちなんで万葉集ゆかりの地である奈良を訪れることになった。

9時 近鉄京都駅集合 
京都駅について すぐ切符を買いに行こうと思ったら、世話人の方がすでに
古代ロマン飛鳥日帰り切符」を買って待ってて下さった。

古代飛鳥日帰り切符 1960円 と 飛鳥周遊バス 1日フリー乗車券 650円
b0108282_09344560.jpg
10:30~11:30 バスで飛鳥寺移動
b0108282_06392779.jpg
明日香周遊バス Ⅰ日フリー乗車券を利用 
飛鳥寺見学
日本最初の本格的仏教寺院。

b0108282_06421022.jpg
b0108282_07140192.jpg
このお寺は創建された時は東西215m、南北293mのおよぶ広大な敷地であった。
飛鳥大仏は609年に止利仏師の作。落雷で寺はほとんど消失した。大仏は野ざらしのまま放置されていたが江戸時代に再建された。本堂が建てられ、大仏を収めようとしたが大きすぎて、おさまらなかった。すると大仏がちょっと小さくなって、本堂に収まるようになった・・等々
お釈迦さんの前でここのお寺の方のお話を聞くことが出来た。
b0108282_06474731.jpg
本尊飛鳥大仏は日本最古の仏像
b0108282_06443794.jpg
右から見るのと左から見るのとお顔が違うと言われよく見ると・・・。
b0108282_06461545.jpg
b0108282_06461047.jpg
無念の最期を遂げた「入鹿の首塚」
b0108282_07161353.jpg
討れた蘇我入鹿の首が600m離れた飛鳥板葺宮から飛んできて力尽きたと言われている伝承がある首塚。
b0108282_07012122.jpg

11:30~12:10 県立万葉文化会館内「カリオン」で 昼食。

夫はジビエカレー 私はカツカレーを注文
b0108282_07473520.jpg
ジビエってなにかなと思ったら、鹿肉の事だった。
奈良県の鹿は神さんやのに食べていいのかなぁと言ったら、奈良公園はダメらしいけど野山の鹿はいいらしい。シカ肉を数回鍋でゆでこぼしをし、臭みを抜き、大変手間をかけて料理されるようだ。
夫がちょっと食べてみる?と ひと切れ私のお皿に入れてくれたので食べてみた。
私はちょっと鹿肉は・・と思ったけれど、軟らかくこだわりなく食べられた。
世話人の方から
「万葉集とは何か?」
「飛鳥時代の年表」
「石舞台古墳について」などをもらった。

12:10~13:10
飛鳥観光協会ガイドさんの案内で、万葉文化会館見学
b0108282_07501535.jpg
b0108282_07504275.jpg
b0108282_07514965.jpg

日本最古の富本銭
私達の小学校の頃は日本の一番古いお金は和同開珎と言われていたが、最古の貨幣は富本銭ですよとガイドさんから聞いた。
b0108282_07554231.jpg
この富本銭の偽物をお土産屋さんで売ってるので欲しくなって買った。本物なら何万円もするそうだけれど、
b0108282_07565215.jpg

飛鳥周遊バスで石舞台へ移動
13:40 ガイドさんの案内で石舞台見学
7世紀に建造、総重量2300t 蘇我馬子の墓という説
b0108282_07581497.jpg
b0108282_07594148.jpg
青いベストを着たガイドさんから詳しいお話を聞きながら見学
b0108282_08030928.jpg
ゴーグルをはめて覗いて見る。建造の様子が手に取るように見えた。
b0108282_08055728.jpg


飛鳥周遊バスで、高松塚古墳 移動 

14:50 ~15:30 ガイドさんの案内で 高松塚古墳見学
b0108282_08085607.jpg
b0108282_08093849.jpg
b0108282_08103058.jpg
髙松塚古墳 藤原京期の古墳。
b0108282_08104451.jpg
b0108282_08110277.jpg

高松塚壁画館
高松塚古墳壁画は昭和47年に樫原考古学研究所の調査でにより発見された。
b0108282_08161838.jpg


発見当初の姿を越前和紙に岩絵の具で忠実に複写した。
絵を見やすくするために剥落や汚れを加減して複写。赤外線、顕微鏡写真などを元に複写修正が行われた。
b0108282_08355900.jpg
3時過ぎ近鉄にのって京都へ
b0108282_08114809.jpg
子どもがまだ小さい頃に石舞台など見て回った。もう30年前になるのかなぁ。
入場料はその頃はなかったなぁ。

今日は京都から離れ、令和にちなんで奈良に行った。
いつもと違って、観光旅行に行ったみたいな一日で楽しかった(*^_^*) 

     ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

御世話になりました。

近鉄の「古代ロマン飛鳥日帰り切符」購入、ランチの予約、 新元号「令和」、万葉集に関するプリントなど用意していただき 奈良の飛鳥文化を味わうことが出来ました。ありがとうございました。

夫の万歩計は 18900歩だった。


  ********************************************************

# by kumi-asama | 2019-05-25 09:49 | ブラっと京歩き | Comments(0)